キス釣りは【置き竿(放置)】でも楽しめる

キス釣りと言えば、仕掛けをズルズルと引きながら楽しむ「引き釣り」のイメージが強いですが、実は「置き竿」でも楽しむことができるのです。ただし、置き竿でキス釣りを楽しむときは、引き釣りとは少しだけ違った視点を持ち釣りを展開していくことが大事なので、今回はその辺りについてお話していきたいと思います。

仕掛けを放置しておくだけでキスが釣れちゃう?

置き竿でキス釣りを楽しむ時は【キスの居場所を把握している】必要性がある

そもそも、なぜキス釣りは引き釣りで楽しむことが多い釣りなのか?という点を考えると、【キスの居場所を広範囲に探るため】なのです。キスは一箇所に留まる魚ではなく、広範囲を移動している魚ですからね、キスの前へ仕掛けを持っていくため、ズルズルと広範囲を引き、HITに繋げる訳なんです。

そのため、置き竿でキスを狙うときは、必ず「キスの居場所を把握している」、もしくは「キスの通り道を知っている」必要性があります。キスがいない場所へ仕掛けを投げ込んでいても、いないものを釣ることはできませんからね。

 

キスの居場所なんて分からない・・・そんなときは、釣り場へ留まることを知らないほど通いつめ、引き釣りでキスが溜まる場所を把握してやる・・・この過程が、置き竿でキスを釣るときに必要不可欠な条件だと言えます。

または、熟練の投げ釣り師にキスが溜まる場所を教えてもらうか、置き竿でキス釣りを楽しんでいる人が多い釣り場へ通うのも、一つの手です。

メモ

キスの居場所を把握しないことには、置き竿での放置で釣果を伸ばすのは難しい

根の間の砂地を狙うときに最適

キスは砂地エリアへ生息している魚のため、必ず「砂地が絡む場所」で釣りを楽しむ必要性がありますが、釣り場によっては「海藻→砂地→ゴロタ」みたいに、根と根の間に砂地が絡む場所もあります。

このような場所で引き釣りすると「根掛かり」頻発で釣りにならないことが大半ですが、このように根の絡む砂地には沢山のキスが生息している傾向にあるため、狙うことさえできれば爆釣・・・なんてことが考えられる訳です。

 

しかし、根と根の間の砂地を引き釣りで狙うと根掛かりが頻発する・・・そんなときは、【置き竿での放置】がこれ以上ない武器となり得ます。動かせば根掛かりしてしまうのですから、動かさずに放置しておくのが正解なんですね。

キスの魚影が濃い場所であればひっきりなしにアタリが連発することもありますし、根と根の間の砂地はキスの通り道となっていることも多いため、回遊待ちの釣りも楽しむことができます。

 

ただし、言わずとも「正確なキャスト精度」と「根の位置を完璧に把握しておく」必要性があるため、ポイントへの通い込みは必須条件です。

メモ

根と根の間の砂地を狙うときは、「置き竿」でのキス釣りの独擅場

アタリは竿先をずっと見ているか、鈴を付ければオッケー

小さなアタリを見逃さないようにしよう

置き竿でのキス釣りは、文字通り「竿を置いておく(放置しておく)」ことになりますが、だからと言ってスマホでゲームをしていたり、本を読んでいたりすると「アタリを逃してしまうこと」になり、本来であれば釣れていたキスを逃してしまうことも考えられます。

向こうアワセで勝手にHITしてくることが多いですけどね、全てのアタリをモノにするほうが釣果が伸びるのは疑いようのない事実ですので、置き竿中はなるべく集中しておき、小さなアタリを逃さないようにしておきたいところです。

 

置き竿でのキス釣りのアタリの取り方ですが、単純明快に「竿先を見ておく」のが一番確実です。キスのアタリは明確に出るため、素人目で見ても一目瞭然に分かります。

また、「ずっと竿先なんて見れられない・・・」そんな人は、竿先に「鈴」を付け、アタリがあったときにチャリン、チャリンと鳴るようにしておくと、竿先を見ずともアタリを取ることができますよ。

メモ

少しでも楽したいときは、竿先に鈴をつけよう

たまに仕掛けを動かしてやる

ずっと放置・・・って訳にはいかないよ

置き竿は「放置」しておくのが基本ですが、だからといってずっと放置しておく訳にもいきません。海には流れがあるため、仕掛けが流され他の釣り人の仕掛けと絡んでしまうこともありますし、根に引っかかり、「根掛かり」することも考えられます。

また、エサ取りに全てのエサを奪われ「エサのついていない針」だけで釣りをしていた・・・なんてことも十分考えられるので、定期的に仕掛けを動かしたり、回収して投げ直す・・・などの措置を取りましょう。

 

とはいえ、キスの魚影が濃い場所であれば、そんな暇もないほどアタリが頻発しますけどね。キスのアタリが遠のいているときほど、細かい投げ直しが釣果に結びつくことが多いので、怠慢せず、色々やってみるのが釣果を伸ばすコツですよ。

メモ

根掛かりやエサの確認のため、定期的に仕掛けを動かしたり回収したりしておこう!

以上、置き竿でキス釣りを楽しむときのアレコレでした

スポンサーリンク

関連する記事