【キス釣り】雨の日や濁りのあるときは釣果に悪影響が出る?

今回は、雨の日や、雨や風が原因で「濁り」が入っているときに「キス釣りを楽しむことはできるのか?」というお話。雨の日釣行を模索している人は、ぜひ参考までに。

雨が降っていたり、濁りのあるときでもキスは釣れるの?

雨の日でもキス釣りは楽しめる

雨の日でもキス釣りを楽しむことはできるのか?その疑問に対する答えとしては、【雨でも楽しむことができるよ!】というのが、結論となります。経験上、場所選びさえ間違わなければ、晴れの日でも雨の日でも問題なくキスが釣れてくれますからね、濡れることなど全く気にならない・・・そんな人は、雨の日でも積極的に釣行することをオススメします。

雨の日はキスの活性よりも人間の活性が低くなり、いつもは満員御礼なメジャーポイントであってもガラガラでどこへでもエントリーできるようになりますからね、むしろ雨の日のほうが好釣果を得られる・・・そんなこともあります。

メモ

雨予報の日でも、キス釣りを全力で楽しもう!

大雨や雷を伴うときは止めておこう

危険を感じるほどの大雨は、釣行を中止しよう

雨の日でもキス釣りはできる!とは言いましたが、それは我慢できるほどの雨量の日に限った話であり、バケツをひっくり返したような雨が降る日はその限りではありません。ゲリラ豪雨を想像してもらえば分かりやすいですかね?このような大雨の日に素直に釣りを楽しむことはできませんし、ビショビショになり風邪を引いてしまうことも考えられますからね。

あまりにも雨の強い日は、家で釣具のメンテナンスでもしておくほうが無難です。

 

また、河口での釣りは大雨により増水し流されてしまうリスクもありますし、雷を伴うような雨の日釣行は、雷に打たれて死亡事故に繋がる・・・そんなことも考えられるため、そのような日の釣行は絶対に止めておきましょう。

特にサーフでの釣りは、避雷針代わりになる大きな建物がないケースが多く、釣り人が持っている竿目掛けて雷が落ちてくるリスクが高まります。実際、雷による釣行中の死亡事故は世界中で起きていますので、無理な釣行は絶対しないで下さいね。

メモ

釣りは安全第一で楽しんでなんぼ

濁りは大敵

濁りのある日は、濁りの少ない場所へ釣行しよう

雨の日や雨上がりでは、いつもは澄み潮なポイントでも「濁り」が入ってしまうことがありますが、残念なことにキス釣りにおいて濁りは大敵であり、濁りのひどい日は釣果が目に見えて落ちる傾向にあるんですよ。

濁りが入るとキスの活性が一気に低くなり、エサを捕食しなくなりますからね、どれだけキスの魚影が濃い場所であってもエサに反応してくれなくなるため、できる限り【濁りのない場所】を選び釣行するようにして下さい。

 

ただ、真水は海水に比べ比重が軽く、つまり「海水に浮く」傾向があり、具体的に言うと【表層は真水、ボトム付近は海水】という状況が出来上がるのです。

このような、目で見える範囲だけが濁っている状況下であればキス釣りを楽しむことができますので、その辺りを考慮した上で判断してもらえればと思います。キスはボトム(底)にいる魚ですからね、底にさえ濁りが入っていなければ問題ありません

メモ

濁りのある日は目に見えて釣果が落ちる

以上、雨の日や濁りのある日はキス釣りを楽しむことができる?という点に関するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事