貝塚人工島水路はキスやメバルに最適!行き方や駐車場についてお話するよ!

大阪に精通している釣り人であれば一度は足を運んだことがあるであろう「貝塚人工島」ですが、あまりにも沖向きテトラ(沖向きテトラの詳細はこっちだよ)が有名で、他の釣り場に目を向けない人も多いと思います。

それ、ほんと勿体無いですよ!

 

貝塚人工島には沖向きテトラ以外にも沢山の釣りポイントがあり、今回紹介する「水路」もその中の一つ。

足場もよく環境も良い、それでいて沢山の魚が釣れるこの釣り場を無視するのは釣り人としてどうかと思うので、南大阪で釣り場を探している釣り難民は、ぜひチェックしてみてね!

貝塚人工島水路への行き方

 

↑地図を見れば分かると思いますが、陸地と人工島の間に川のような場所がありますよね?ここを、釣り人たちの間では「水路」と呼んでいます。

大阪臨海線「脇浜西」を海方向に曲がり、ドンツキを左、道なりに進み橋を渡ると、左側に大きな駐車場がありますので、そこに車を停める感じです。

 

高速道路利用の場合は、阪神高速湾岸線「貝塚」出口が最寄り。

駐車場について

img_0135

↑駐車場への入口はこんな感じ。キレイに整備されているので、始めての人でもすぐに分かるかと。ただ、言うまでもなく有料ですので気をつけて下さいね!

料金は600円ほどで、先払い方式です。記憶が曖昧ですが、小銭しか使えなかった気がするので、100円玉6枚と10円玉数枚を用意してから向かうようにして下さい。

img_0138

↑駐車場はこんな感じ。めちゃ広いので、とにかく奥へ奥へと進み、この写真の場所辺りに駐車するのが、釣り場へのアクセスが一番楽です。

img_0139

↑釣りじゃなくても十分楽しめる最高の環境なので、家族で来たり、恋人ときても楽しいかもしれませんね!もちろん、僕は釣り一筋です・・・。

img_0140

↑ここで水路でメジャーなポイント。柵があり安全で、それでいて魚影も濃いことから、週末になると地元のおっちゃんやファミリーフィッシングで賑わいます。

img_0141

↑水路を和歌山方面側に歩くと石畳に出ることができます。

img_0144

↑こんな感じ。水路と違って柵がないし、足場も悪いので、特に子供連れの人は気をつけるようにして下さいね!メバルやカサゴなどを釣りたい人は、水路より石畳のほうが良いかも!

トイレはあるの?

img_0137

↑釣り人にとって死活問題とも言えるトイレですが、貝塚人工島水路には、とってもキレイなトイレが併設されています。これで、いつお腹が痛くなっても平気だね!

水路で釣れる魚

ガシラ

ここ貝塚人工島水路では、青物などの大型魚が回遊してくる可能性は低いものの、多種多様な魚が釣れることで人気を得ています。釣れる可能性のある魚は以下の通り。

  • アジ
  • メバル
  • ガシラ(カサゴ)
  • キス
  • シーバス
  • タコ
  • アナゴ
  • ハゼ

僕が水路に行くときは、アジング、メバリングをメインに釣行し、シーズンであればタコを狙ったりもします。キスもよく釣れますので狙ってみるのもありですね!

まとめ

ツリイコ君

貝塚人工島水路は、大阪に住んでいる釣り人なら、一度は足を運んでもらいたい釣り場だね!とにかく何かしらの魚は遊んでくれるだろうし、ボウズになる可能性はほんと低いと思う。

ただ、石畳をメインに攻めるときには干潮時よりも満潮時を狙ったほうが、経験上良い思いをすることが多いから、潮見表を見て、釣行するタイミングを決めるほうが良いよ!

スポンサーリンク

関連する記事