ヒラメを狙うときの「適水温」を知り、釣果に結びつけよう

今回は、ヒラメを狙うときの「適水温」についてのお話。ヒラメを含む魚は海水温により生息場所を変えたり、活性に高くなったり低くなったり・・・と、水温の変化に対し敏感に生きていますので、「水温」を釣りに反映するのは【釣果を伸ばすために凄く大事な要素】となるんですね。

では、ヒラメが好む「適水温」はどれくらいなのでしょうか?その辺りについて考えていこうと思います。

ヒラメの適水温を知ろう!

ヒラメの適水温は「18度前後」

まず、結論からお話をすると、ヒラメが最も好む水温とされている数値は「18度前後」であり、水温が15度〜20度ぐらいで安定しているときは、「ヒラメの活性が上がり、釣りやすいんじゃないかな?」とは思っています。

しかし、ヒラメも人間と同じく住んでいる地域によって適水温が異なる個体も多く、例えば九州と東北、この2つの場所に住んでいるヒラメでは、同じ魚でも「適水温が異なることも考えられる」ということになりますね。

 

九州は年間を通し水温が高いため「高水温に適したヒラメ」がいるかもしれませんし、反対に東北は冬になると海水温が下がりに下がる傾向があるため、「低水温に適したヒラメ」がいるかもしれません。

あくまで想像の範囲内ではありますが、このようにヒラメが住んでいるエリアによって「適水温は変わるんじゃないかな?」とは思いますので、一般的に認知されている「ヒラメの適水温15度〜20度前後」はあくまで参考程度に収めておき、釣行するエリアに住むヒラメの特徴を知ることがなにより先決です。

メモ

ヒラメの適水温は「18度前後」とされているが、地域によってはその考え方が通用しないことも

春や秋は狙い目!

春と秋はヒラメが釣れるハイシーズン!

水温が低くもなく、高くもなく、ヒラメの適水温である18度前後になる春や秋の季節は、「この時期を逃して、いつ釣行するの?」と言えるほどは、ヒラメ釣りに適した時期です。

気温も安定した日々が続き、魚にも人間にも快適な時期である春や秋の季節は、空き時間全てを「ヒラメ釣りに使う・・・」そのぐらいの勢いで釣行することをオススメします。上手くいくと5匹、6匹のヒラメをコンスタントに釣ることもできますからね、最高の時期です。

 

ヒラメを釣るのに適した時期については他記事で詳しくお話していますので、そちらを参考にどうぞ。

ヒラメ釣りに適した時期を知る

メモ

水温が安定する春、秋の季節は、なるべく多く釣行回数を重ねよう!

冬や夏は釣行場所を考えよう

釣れる場所へ釣行しよう!

一般的にオフシーズンと呼ばれている夏、冬の季節にヒラメを狙うときは、【釣行する場所】このキーワードを元に、釣行スケジュールを練るようにして下さい。

というのも、ヒラメは水温によって生息する場所を(多少)変える魚であり、具体的にいうと水温が高くなったり、低くなる夏や冬の季節はハイシーズンに釣れていた場所よりも「深い場所」に移動していることが多いからなんです。

 

水深が浅くなればなるほど水温の変化が激しくなりますからね、より適水温に近い深場などに姿を移すことになるため、この時期に釣行するときは「いつもより水深が深い場所」もしくは、温排水が出ていたり、何かしらの都合で「水温が安定している場所」を狙うことがコンスタントに釣果を伸ばす絶対条件です。

ヒラメを釣るための場所選びについては別記事で詳しくお話していますので、そちらを参考にどうぞ。

ヒラメを釣るときの場所について知る

水温よりも安定やベイトの有無を考慮しよう

水温なんてそんなに気にしなくても大丈夫?

ここまで、ヒラメ釣りの水温に関してツリイコ編集部的な考え方をまとめてきましたが、正直なところ「釣行するときの水温」は、それほど気にしなくても大丈夫じゃないかな?というのが本音です。

もちろん、水温によってヒラメの活性が変わったり、生息場所が変わるため大事な要素であることは間違いありませんが、それよりも「水温が安定している」「ベイトフィッシュがいる」この2つが大事なんですよ。

 

例えば、釣行日の水温がヒラメの好む18度ピッタリだったけど、前日は水温が10度しかなかった・・・極端な例ではありますが、このように【水温が安定していない】状況下ではヒラメの活性が低い、もしくはヒラメの姿がないということが推測できますので、適水温云々よりは如何に水温が安定しているか・・・を知ることが大事なんですよね。

また、そのような状況下ではヒラメが捕食している「ベイトフィッシュ」の存在が希薄なことが多いんですよ、ベイトフィッシュがいない場所にはヒラメもいませんからね、水温よりなにより、イワシやアジなどヒラメが捕食しているエサが大量にストックされているか・・・を知ることが大事な要素となります。

ちなみに水温を知るには「水温計」を使うのが便利なので、→水温計を使うことで釣果を伸ばせるかも?のページより詳細をご確認下さい。

メモ

水温が何度かより、安定していることとベイトフィッシュの有無が釣果を分ける鍵

以上、ヒラメを釣るときの「適水温」に関するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事