ゼスタ「ハイパーヘッドタッチダウン」のインプレ!ダート、フォール、スイミング、全てに優れたジグヘッドを体感しよう!

今回はゼスタよりリリースされている「ハイパーヘッドタッチダウン」についてのお話。ハイパーヘッドタッチダウンはソルトウォーターゲームでの使用に最適化されたジグヘッドであり、そのヘッド形状からリトリーブ、ダート、フォール、全ての釣りに対応しているオールラウンダーなジグヘッドとなっています。

ハイパーヘッドタッチダウン1つあれば色々な釣りを展開できること間違いなしなので、ぜひ使ってみて下さいね!

ハイパーヘッドタッチダウンの詳細スペック

ハイパーヘッドタッチダウンは主にシーバスやフラットフィッシュを狙うことに特化したジグヘッドであり、ウエイトバリエーションは7g、10g、14g、18g、21g、28gの6つがラインナップされています。

↑ちなみにパッケージ裏面はこんな感じ。

ハイパーヘッドタッチダウンはウエイトバリエーションも豊富ですが、「フックサイズ」にも多彩なバリエーションが用意されているので、購入時は「ワームサイズとベストマッチなフックサイズ」を選ぶようにして下さいね。

あまりに小さなフックや大きなフックだと、ワームとのバランスが悪くなったりフッキング率が下がったり・・・ろくなことがありませんからね。

より詳しくは公式で→ハイパーヘッドタッチダウン公式ページ

ブレードやアシストフックを付加できる

ハイパーヘッドタッチダウンのヘッドにはアイが2つ付いており、アシストフックやブレードを付加できるようになっています。フッキング率が悪いときはアシストフックを付け、もっとアピールが欲しいときはブレードを付ける・・・

そんな使い方ができますね。

 

ちなみにツリイコ編集部的には、ハイパーヘッドタッチダウン+シャッドテールワーム+ブレードの組み合わせで使うことが多く、特にサーフでのフラットフィッシュ(ヒラメやマゴチ)狙いで大活躍していますので、ぜひ参考までに。

ワームは「ドリームアップ ドリームシャッド」、ブレードは「エコギア ブレードスピン」を使っています。

ドリームアップ ドリームシャッド

エコギア ブレードスピン

ハイパーヘッドタッチダウンの使い方《インプレ》

ハイパーヘッドタッチダウンはフォール、スイミング、ダート、全てに優れたオールラウンダー的なジグヘッドなので、「こう使う!」と断言できる使い方はありませんが、ツリイコ編集部では比較的水深が浅い場所でのスイミングで使うことが多いです。

例えば河川でのシーバスゲームだったり、遠浅サーフでのヒラメ、マゴチゲームなんかで活用している感じですね。もちろん、水深が深い場所でも使うことができますが、そのような場所はワームではなくバイブレーションプラグを使うことが多くなりますので、水深10m以下のフィールドで使用頻度が高くなる・・・という感じです。

 

使い方としては、キャスト後任意のレンジ(フラットフィッシュ狙いでは必ずボトム)まで沈め、レンジキープを意識しながらゆっくり目のリトリーブスピードで引いてくる。

「ちょっと浮き上がったかな?」と感じればテンションフォールで元のレンジまで戻し、再度リトリーブする。レンジ合わせのテンションフォール中にもアタリが出ますので、いつでもフッキングできるような体勢でいることがベストです。

 

時折チョン、チョン、とトゥイッチアクションを入れてやるのも効果的なのでぜひやってみて下さい。

以上、ゼスタ「ハイパーヘッドタッチダウン」についてのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事