ガシラ(カサゴ)釣りで使う「ジグヘッド」の重さや、おすすめアイテム

今回は、ガシラ(カサゴ)をワームで狙うときに使うべき【ジグヘッド】の選び方についてのお話。使用すべきジグヘッドの形状や重さ、おすすめのジグヘッドなどについてお話していきますので、ぜひ参考までに。

カサゴ狙いに最適なジグヘッドを選ぼう!

ガシラ(カサゴ)釣りに使うジグヘッドの選び方

ガシラ(カサゴ)をワームを駆使して釣るときは、【ジグヘッド】にワームを付けて狙うことが多くなりますが、このときに使うジグヘッドを選ぶ時に意識したいのが「形状」「重さ」この2つです。

狙い方や釣る場所によりジグヘッドの形状や重さを変えてあげることが釣果を伸ばすために必要な条件となりますので、その辺りについてこれから詳しくお話していきたいと思います。

重さはどれくらい?

何gのジグヘッドを使えばいいの?

まず、カサゴ(ガシラ)を「ジグヘッド+ワーム」の組み合わせで狙うときに必要なウエイト(重さ)ですが、釣行するフィールドの水深や潮流、根掛かりの有無を考慮し決めてやるのが一般的です。

ツリイコ編集部では多くの場合、1g〜10gまでのジグヘッドを使うことが多く、特に「1g〜5g」のジグヘッドをメインに釣行することが多いので、まずはその辺りのウエイトから揃えてみてはどうでしょうか?

 

具体的に言うと、水深が浅く潮流が弱いような場所は1g〜2g、少し飛距離が欲しいかな・・・と思ったときは3g。少し水深が深く「ボトムが取りづらいな・・・」というときは5g程度のジグヘッドを使う。そんな感じですね。

後は風の強さによって重さを変えてみたり、根掛かりの有無によって軽くしてみたり、現場の状況によって細かい微調整を入れるようにしています。(根掛かりが頻発するときはジグヘッドの重さを軽くすることが大事)

 

水深が10mを超えるような場所であったり、強風でどうしようもないときは5〜10gほどのジグヘッドを使うことがありますが、使用する機会は少ないとは思いますので、いざというときの予備として持っておく・・・その程度の認識でオッケーです。

メモ

1g〜5gの重さを使うことが多い

ジグヘッドの形状は?

どんな形のジグヘッドを使えばいいの?

ガシラ(カサゴ)を狙うときに使うジグヘッドには、大きく分けて「スイミングタイプ」「ダートタイプ」の2種類があり、釣り方によってジグヘッドの形状を変えてやるほうが何かと捗ります。

例えば、巻きの釣り(ただ巻き)メインでガシラを狙うときは、潮噛みがよくレンジキープしやすい「スイミングタイプ」のジグヘッドを使い、チョンチョンっとロッドアクションを付けてカサゴを狙うときは「ダートタイプ」のジグヘッドを使う・・・そんな感じですね。(詳しくは次項にて詳しくお話します)

 

必ずしも釣り方によってジグヘッドの形状を変えてやる必要性はありませんが、細かい部分をストイックに考えてこそ得られる釣果は必ずありますし、他のアングラーに差をつけ、釣果を伸ばすためにも必要な要素だとは思いますので、ぜひこだわりを持ったジグヘッドの形状選びをしてみて下さいね!

メモ

少しの差が釣果を分ける

メバリング、アジング用のジグヘッドを流用しよう

ガシラ用のジグヘッドはないよ。泣

残念なことに、ガシラ専用のジグヘッドはありませんし、あったとしてもメジャーではないため、基本的にはメバリング、アジングなどで使われているジグヘッドをそのまま流用することになります。

各メーカーから凄い数のジグヘッドがリリースされていますので、自分好みのジグヘッドを見つけて下さいね!

 

例えば、スイミング(ただ巻き)でガシラを狙うときはヘッド部分が丸くなっているジグヘッドを使うことになります。ツリイコ編集部的には「ダイワ 月下美人シリーズ」がおすすめです。

ダイワ(DAIWA)
¥233 (2018/08/21 18:33:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただ巻きではなく、チョンチョンとルアーアクションをつけカサゴを狙うときは、ヘッド部分が尖っているダート専用のジグヘッドを使うようにしておきましょう。ツリイコ編集部的には「尺ヘッドDタイプ」がおすすめです。

JAZZ(ジャズ)
¥1,191 (2018/08/21 18:33:03時点 Amazon調べ-詳細)

尺ヘッドのインプレ

ガシラをワームで釣るときの具体的なテクニックについては別ページで詳しくお話していますので、そちらを参考までにどうぞ。

ガシラをルアーで狙うときの基礎知識

メモ

最適なジグヘッドをセレクトし、沢山のカサゴをゲットしよう!

以上、ガシラをワームで狙うときの「ジグヘッドの選び方」についてのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事