【エギング】堤防からアオリイカを狙うときに意識しておきたいことまとめ

今回は、堤防からエギングを楽しむときに意識しておきたいことについてのお話。アオリイカはもちろんのこと、コウイカ、ヤリイカといった多種多様なイカをターゲットにエギングを楽しむことができるため、足場がよく安全で手軽な「堤防」で、エギングを楽しんじゃいましょう!

堤防からエギングを楽しんじゃおう!

アオリイカの実績のある堤防へ釣行しよう

アオリイカ狙いのエギングを楽しむときは、必ず【アオリイカの実績があるポイント】へ釣行するのが絶対条件です。言わずとも、アオリイカがいない場所や個体数が少ない場所でエギングを楽しんだところで結果は見えていますからね。

直近でアオリイカの釣果が見られる堤防を探し、その場所へ釣行するようにして下さい。

 

また、アオリイカが釣れているかどうかは、堤防についた「墨跡」で確認することもできます。アオリイカは釣り上げた後に墨を吐くことが多いですからね、墨の後が「アオリイカが釣れた証拠」となる訳です。

ついて間もない墨跡があるような堤防は期待値が高いため、その場所へ陣取り、エギングを楽しんじゃいましょう!

参考ページ→エギングを楽しむための場所選び

メモ

必ず、アオリイカの実績が高い堤防へ釣行しよう

潮の流れがある場所を狙う

流れがある場所は期待値が高いよ

アオリイカは潮の流れに合わせて回遊してくると言われており、例えば「堤防の入り口」など、潮の流れが入り込んでくるような場所は、回遊してきたアオリイカを狙い撃つのに最も適した場所だと言えるので、【潮の動きがある場所】を目安に、立ち位置を決めることが大事です。

もちろん、潮の流れがない場所であってもアオリイカの釣果を求めることはできますが、潮が動いているような場所はアオリイカが捕食しているベイトフィッシュも溜まりやすく、コンスタントに釣果を残すためには、潮の流れを読み取ることが絶対条件となります。

 

このような潮の流れのある場所は競争率が高く、エントリーするだけでも苦戦を強いられることが多いですが、総じて【実績ポイント】となっていることが多いため、空いていたときは迷わず陣取るようにして下さいね。

メモ

回遊してきたアオリイカを迎え撃つため、堤防の中で一番「潮の動き」がある場所を狙おう

港内も見逃せないポイント

案外奥まった場所でも釣れるよ

堤防の中で最も奥まった場所である「港内」は、なんとなく【こんな場所にアオリイカはいないだろ】と、エギングを楽しむのを敬遠してしまいがちですが、案外、このような港内にもアオリイカが溜まっていることがあるため、見逃さないようにしておきましょう。

港内は足場がよく、波も立たないことが多くエギングを楽しみやすいですからね、特に初心者の頃は港内からエギの操作に慣れることもレベルアップに必要なことだと思うので、こんな場所にアオリイカはいない・・・そんな先入観は捨てるようにし、とにかく撃っていきましょう。

 

ただし、ベイトフィッシュが港内に入っていないときはアオリイカもいないケースが多いため、アジなどアオリイカが積極的に捕食しているベイトがいないときは、港内ではなく潮の流れのある沖向きの場所で楽しむほうが良いんじゃないかな?というのが本音です

メモ

ベイトフィッシュさえ入れば、奥まった場所でアオリイカが爆釣・・・ということもある

海藻がある場所を狙う

アマモやホンダワラなどの海藻が沢山生えているような場所はアオリイカが溜まりやすい傾向にあるため、堤防の中でも【海藻の多い場所】を探し狙い撃つことが堤防エギングで釣果をあげるために必要な要素となります。

海藻の近くにはベイトフィッシュが集まりやすいですし、春になると産卵のため海藻へアオリイカが集まりますので、最早【海藻はエギングを楽しむ上で外せない要素】だと言えますね。

 

ただ、海藻がない場所ではアオリイカは釣れないの?と言われればそうではなく、経験上海藻のかの字もない場所で爆釣した・・・という経験も沢山ありますので一つの指標として考えておけばオッケーです。

また、毎投のようにエギに沢山の海藻がついてくるような場所は手返しが悪くなるため、避けたほうが良いこともあるので、その辺りはケースバイケースで考えるようにして下さいね。

↑エギのカンナに少しでも海藻が付いてしまうと、イカの反応が目に見えて悪くなるため、面倒でも毎回チェックすることをオススメします。

メモ

海藻(アマモやホンダワラ)が多い場所は、アオリイカの一級ポイント

常夜灯周りは鉄板ポイント

夜は明かりのある場所を狙おう

夜間でのエギングで外せないのが【常夜灯】のあるポイントです。堤防には、常夜灯が沢山設置されている場所もあるため、ナイトゲームでエギングを楽しむときは、常夜灯の有無を確認しポイント選定することをオススメします。

常夜灯周りには、明かりに誘惑されたアジなどの小魚が集まる傾向にあり、そのベイトフィッシュを狙い、沢山のアオリイカが集結する・・・これが、夜間は常夜灯周りを狙え!そう言われている所以です。

メモ

常夜灯周り以外は無視して良いほど、常夜灯周りはよく釣れるポイント

以上、堤防でアオリイカを狙うときに意識しておきたいことまとめでした。

スポンサーリンク

関連する記事