エギングの仕掛けまとめ!必要な道具を知り、完璧装備でアオリイカを狙ってみよう!

今回は、【エギングの仕掛け】についてのお話。これからエギングを始めてみようと思うけど、「どのような仕掛けを組めば良いのか分からない・・・」「エギングで必要不可欠な道具ってなに?」、そんな人は、ぜひ参考までに。

エギングの仕掛け

エギング仕掛けを組むときに、必ず揃えなくればいけない道具は「ロッド」「リール」「ライン」「エギ」です。この4つを持ち海へ出かけることでエギングを楽しむことができるので、必ずゲットしておきましょう。

ただ、どんなロッドやラインでも良いのか?と問わるとそうではなく、【エギングに特化したタックル】をセレクトする必要性があり、より釣果を伸ばすためには「バランスの良いタックルセレクト」が必要不可欠となるため、その辺りについて詳しくお話していきます。

メモ

ロッド、リール、ライン、エギ、この4つがあれば、エギング仕掛けを組むことができる

ロッドは8ft前後のものを

エギングは、ロッドを上下にシャクることでエギを操作することになりますが、レングスが長いロッドであったり、リールシートからグリップエンドまでの距離が長いロッドを使ってしまうと、上手くシャクることができず、結果として疲労が溜まることになったり、釣果に悪影響を与えることさえ考えられます。

そのため、なるべく「エギング専用」としてリリースされているロッドを選び、快適かつ操作性を求めたロッドを手に入れるのが理想的ですね。

 

長さは8ft(1ft=30cm)前後のものを理想的で、どれだけ短くても7ft、どれだけ長くても9ftまでのロッドをセレクトして下さい。エギングでは8ft台を基準にロッド選びを進める人が多いため、特に初心者の頃は8ft台の長さをセレクトするのが良いんじゃないかな?とは思います。

また、ロッドの値段ですが、最近では1万円前後のものでもクオリティ高く仕上げられていることが多いため、最初の頃は1万円前後で買えるものを選んでおき、スキルアップと同時に良い道具を揃えるのもアリですね。もちろん、最初から良い道具で始めるのもアリですが、初期費用が富士山の如く大きくなってしまうため、財布と嫁の機嫌次第で決めるのが一番です。

より詳しく→エギングロッドの選び方

Major Craft(メジャークラフト)
¥10,278 (2018/08/21 19:49:52時点 Amazon調べ-詳細)

リールは2500番程度

エギング仕掛けで使うリールですが、基本的には「スピニングリール」を使うことが前提であり、サイズ(番手)は「2500番前後」がオススメです。(※リール番手はメーカーにより誤差があるため、十分注意して下さい)

参考→シマノ、ダイワの番手差に注意

より具体的に言うと、(シマノ基準で)2000番〜3000番のスピニングリールが推奨範囲内であり、サイズが小さなアオリイカを狙うときは2000番、大きなアオリイカを狙うときは3000番・・・このように、狙うアオリイカのサイズや、扱うエギのサイズによってリールの大きさを決めるのが基本となります。

 

ツリイコ編集部では、「2500番手」を使っている人がほとんどですし、個人的にも2500番のリールを使うことが多いので、「どの番手を選べばいいか分からない」そんな人は、とりあえず2500番のスピニングリールから始めてみてはどうでしょうか?

リールの価格帯ですが、あまりにも安いものだとドラグ性能やライントラブルの増加に繋がる傾向にあるため、少なくともメーカー品のエントリーモデル以上を選んでおくことをオススメします。(個人的なオススメとしては、15000円〜25000円ほどのものがエントリーには最適だと考えています)

より詳しく→エギングリールの選び方

ダイワ(DAIWA)
¥20,886 (2018/08/21 19:49:53時点 Amazon調べ-詳細)

ラインはPEライン

釣りで使うラインには、フロロカーボンライン、ナイロンライン、PEラインの3種がありますが、エギングで使うラインは「PEライン一択」だと考えておきましょう。

伸びがほとんどないPEラインはエギの操作性に優れていますし、感度面で見ても他のラインとは一線を画するほどの性能を持ち合わせていますので、「PEラインを使わない意味がない」と言えるほど、エギングに適したラインです。

 

ただ、PEラインは根ズレに弱い、結束部が弱いという弱点があるため、先端50cm〜1mほどに「ショックリーダー」を結束しなくてはいけません。ショックリーダーを結束しないとファイト中にラインが切れたり、HITと同時にラインが切れたり・・・ろくなことがありませんからね、必ず結束しておきましょう。

ラインの太さはPEラインが「0.6〜0.8号」、ショックリーダーが「フロロカーボン8lb〜12lb」程度がオススメです。

参考→エギングで使うショックリーダー
参考→エギングラインの選び方

エギはカラー、サイズ別で複数

エギングで釣果を分ける大きな要因となるのが「エギ」の存在。日によってアオリイカの反応が良いもの、悪いものが存在するため、エギはサイズ、カラー別で複数用意しておくほうが良いでしょう。大体の目安としては、10個ほど揃えておけば間違いないでしょう。

最初の頃は、2.5号〜3.5号までのエギを、オレンジなどのアピールカラー、オリーブなどのナチュラルカラー、ナイトゲームに効くグローカラー、この辺りを揃えておけばオッケーです。

 

後は現場合わせで、「サイズがあっていないんだろうな・・・」「このカラーには反応がない・・・」など、色々な仮説を立て、その日の当たりパターンを見つけていきましょう。

また、メーカーやエギの種類に関しては「自分が好きなメーカーで、好きな形のもの」を使っておけばオッケーです。まともなメーカー品であればどのエギもクオリティ高く仕上げられていますので、自分が好きなものを使うのが一番です。

参考→エギのカラーについて

DUEL(デュエル)
¥760 (2018/08/21 19:49:53時点 Amazon調べ-詳細)

その他の必要なもの

タモ、ギャフ

釣れたアオリイカをキャッチするために必要なのが、「ランディングツール(タモ、ギャフ)」です。網を使ってキャッチするものをタモ網、引っ掛けてキャッチするものをギャフというため、好みで揃えておきましょう。

小さいサイズのアオリイカがメインの場合、なくてもキャッチすることができますが、不意の大物を取れなくなる可能性も出てきますので、一応持っておくことをオススメします。

偏光グラス

日中の釣りは、海に光が反射し目にダメージを与えてしまうため、「偏光グラス」の装備をオススメします。また、デイゲームでのエギングは「アオリイカを見ながら釣る」、サイトフィッシングを楽しむこともできるため、海の中が見えやすくなる偏光グラスはその点で見ても必須アイテムだと言えますね。

クーラーボックス

釣ったアオリイカを持ち帰るのであれば、鮮度よく保存しておける「クーラーボックス」が便利です。短時間釣行や、気温が高くない時期の釣行であれば、「ジップロック」などで対応できますので、狙うアオリイカのサイズによってはジップロックを使うという選択肢もありだとは思います。

ヘッドライト

夜間でのエギングでは必ず必要です。なければ釣りになりませんし、まともに歩くことさえ困難になるため、必ず用意しておきましょう。明るさは200ルーメン以上のものがオススメ。

メモ

エギングに必要なものを全て揃え、万全装備でアオリイカを迎え撃とう!

以上、エギングを楽しむときの「仕掛け」まとめでした。

スポンサーリンク

関連する記事