エギングは雨でも楽しめる?【※むしろ爆釣が期待できる・・・かも!?】

今回は、シトシトと冷たい雨が落ちてくような日でも「エギングを楽しむことができるのか?」という点についてのお話。雨の日は釣りに行く気がしない・・・そんな人も多いとは思いますが、話題の一つとしてお読み頂ければと思います。

雨の日でもアオリイカは釣れる!?

雨の日でも問題なく楽しめる

「雨の日でもエギングを楽しむことができるのか?」その謎に対するツリイコ編集部的アンサーとしては、「雨でも問題なくエギングを楽しむことができるし、何ならよく釣れるときもあるよ!」というのが答えです。

もちろん、雨の強弱にもよりますし、時期、場所的な要素が絡むのは言うまでもありませんが、経験上雨の日でも晴れの日と同等以上、もしくは「雨の日のほうがよく釣れる・・・」ということもあるため、雨のことなど気にもせず、釣行するのが一番です!

 

ただ、雨の日には晴れの日にはないメリットもありますが、反対に「デメリット」に感じる部分が幾つかありますので、その辺りについてこれから詳しくお話していきます。

メモ

雨が降っているからエギングが楽しめない・・・なんてことはないよ

人が少ないのは超メリット

有名フィールドの有名ポイントにエントリーできる!

近年のエギング人気は凄まじく、特に実勢の高い一級ポイントになると「平日にも関わらず沢山の人が詰めかける・・・」そんな異様な光景を目にすることがあります。

土日祝日ともなると有望ポイント奪取合戦が始まり、まともにエントリーすることができないばかりか、まともに釣りを楽しめないこともありますからね、イカを釣るよりも場所取りのほうが大変・・・よくある話です。

 

そのような実勢のある一級ポイントであっても、雨の日は閑古鳥が鳴くほどガラガラ・・・ということが多いため、雨の日のエギングはある意味チャンスなんですよ。普段は奇跡でも起こらない限り入れないポイントに、楽々エントリーできるんですからね。

雨の影響でアングラーが少ない分、エギにスレていないフレッシュなイカが多くなることもあり、雨の影響で人が少ないポイントでエギングを楽しむことは、釣果を伸ばせる絶好のチャンスなので、ぜひ釣行してみて下さい。

メモ

カッパとバスタオルと着替えをお忘れなく

雨によりイカや小魚の活性が高くなる?

雨の日のほうが魚の活性が高くなるってほんと?

諸説あり、人により思うこともあるでしょうが、雨の日はイカや魚の活性が高くなる傾向にある・・・と言われていますし、実際そのような場面に何度も遭遇したことがあるので、事実に近い認識だとは感じています。

雨の日は低気圧により魚の浮袋が膨れ泳ぎやすくなる・・・とか、雨が水面を叩くことにより魚の活性が上がる・・・とか、色々な推測がありますが、エサとなる小魚の活性が高くなれば、捕食するアオリイカの活性も高くなり、エギへの反応がよくなる!というのが、雨の日はアオリイカがよく釣れると言われる一つの理由となっているんですね。

 

ほんとのところは魚やイカに聞いてみないことには分かりませんが、雨の日は低気圧による海中の変化や魚の変化、水面を叩く音によって魚の活性が高くなる・・・このような推測を立て、雨の日のエギングを楽しんじゃいましょう!

メモ

雨がイカのスイッチを入れる一つの要因となっているのは確か

濁りや強風を伴う大雨はパスしよう

何事にも限界があるよ

雨の日でも問題なくエギングを楽しむことができる!雨の日のほうがよく釣れる!そうお話してきましたが、物事には何事にも限界があり、「当たって痛いほどの雨がビシャビシャに降る大雨の日」は釣行することを断念したほうが良いですね。

例えば、立っていられないほどの強風が吹き荒れていたり、パッと見で「これはダメだ・・・」と感じるほど濁りが入っていたり。

 

そのような雨が降り注ぐような日は、(恐らく)まともに釣りを楽しむことができませんし、釣果も得られないと思いますので、家で道具の手入れをしたり、釣具屋さんに新たなる武器を求め訪問したり、そんな時間を過ごすほうが何かと有意義じゃないかな?とは思います、

また、雨の日は足元への意識をいつも以上に高めて下さいね、転倒して怪我をしたり、弾みで海へドボンしてしまうと笑えませんから。下手すりゃ死亡事故に繋がるケースも考えられるため、滑りにくい靴を履くなど、安全装備を心がけましょう。

 

また、雷が鳴っていたり、注意報が出ているときは「絶対に」釣行しないようにして下さいね。釣りを楽しんでいるときに雷に打たれて亡くなった人って案外多いですからね、人ごとでは済まされません。

また、エギングを楽しんでいるとき、手元にビリビリと電気が走るような違和感を感じることがありますが、これは雷雲が近づいている証拠なので、このような違和感を感じたときはすぐにでも納竿(何なら道具を放置して車に避難)し、帰路につきましょう。

メモ

危険だな・・・そう感じる雨の日に釣行することだけは止めておこう!

以上、「雨の日はエギングを楽しめるのか?」という点についてのお話でした。

スポンサーリンク

関連する記事