「ちょい投げ釣り」でキスを狙う!そのやり方と使う道具(竿やエサ)を徹底解説!入門に最適!

今回は、4mを超すような投げ竿を用いて本格的な投げ釣りを楽しむのではなく、漁港や堤防などでお手軽にキスを狙う【ちょい投げ釣り】についてのお話。ちょい投げ釣りとは、文字通り「ちょいっと仕掛けを投げキスやメゴチなどの魚を狙う」という釣法で、老若男女誰にでも楽しむことができ、なおかつ簡単に釣果をあげることができる・・・というアチコチにメリットが見え隠れする釣りなので、ぜひ親子、恋人同士、友達同士で楽しんでみて下さいね!

そんな「ちょい投げ釣り」の具体的なやり方や、使う道具(竿やリール)、使うエサなどなど、具体的かつ簡潔にお話していきますので、ぜひ参考までに。

ちょい投げ釣りを楽しむために必要な道具

まず、ちょい投げ釣りを楽しむときに必ず必要となる道具ですが、「竿」「リール」「糸(太さは10lb〜程度)」「ちょい投げ仕掛け(セット品で十分です)」「エサ」、「ハサミ」です。後は釣れたキスを挟むための「魚挟み」や、釣れたキスを一時的に活かしておくための「水汲みバケツ」などがあると便利ですね。

ちょい投げ釣りを楽しむときはそれほど高価でハイクオリティな道具は用意する必要がなく、数千円程度で揃えることができる竿やリールがあれば十分なので、最初はお金をかけず、必要最低限の装備で挑めばオッケーです。(ただし、1000円とか極端に安い竿はすぐに折れてしまうこともあるため注意が必要。)

 

では、ちょい投げ釣りに必要な道具の内約を、もう少し具体的に見ていきましょう。

竿はルアーロッド、ちょい投げ釣りセットで十分!

シマノ(SHIMANO)
¥5,860 (2018/08/21 23:35:36時点 Amazon調べ-詳細)

ちょい投げ釣りで使う竿ですが、ある程度の強度があり、10g〜30g程度のおもりを投げられるものであれば、何でも構いません。ルアーロッドなど、何かしらの竿を持っている人はそれを流用すればいいと思いますし、何も持っていない人は、釣具屋さんなどで売られているちょっとした竿を手に入れておけば、なんとかなるでしょう。

ただし、あまりにも安価でクオリティの低い竿は「すぐに折れてしまう」という懸念があるため、その辺りを頭の片隅におきながら、道具選びをして下さいね。実際、釣り場について1投目で竿を折った友達を目の当たりにしていますから・・・。

 

竿の長さは「長いほうがより遠くへ飛ばせる」傾向にありますが、慣れていない人ほど操作性に欠けることになりますし、短い竿であればあれほど操作性は良くなるが飛距離が落ちるので、最初は7ft〜8ft程度(210cm〜240cm程度)の竿を使うのがおすすめです。

リールは2000番クラスのスピニングリール

シマノ(SHIMANO)
¥3,063 (2018/08/21 20:35:13時点 Amazon調べ-詳細)

ちょい投げ釣りに使うリールですが、各社2000番程度のスピニングリールがあれば十分です。よく分からないノーブランドのものを買うよりは、シマノ、ダイワなどの一流メーカー品を買っているほうが間違いないとは思うので、糸付き数千円で売られているものをセレクトするのがおすすめです。

もちろん、釣りをするのは一回きり・・・子供用に・・・みたいな人は、竿とリールがセットになって売られているものでも十分なので、時と場合によって揃えるリールを選んで貰えればとは思います。(ただし、例に漏れず壊れやすいのでご注意を)

仕掛けはセットになっているもの、おもりは使う竿で投げられるもの

ささめ針(SASAME)
¥552 (2018/08/22 04:48:49時点 Amazon調べ-詳細)

ちょい投げ釣りの仕掛けですが、各メーカーから様々な仕掛けがリリースされており、最初の頃は「どれを選べばいいのか分からない・・・」と迷いに迷うことになると思うので、始めからセットになって売られているものをセレクトすればオッケーですし、個人的にもちょい投げ釣りを楽しむときは、こうしたセット品を使うようにしています。

おすすめの仕掛けは「ささめ針 ちょい投げライトセット」なので、購入時の参考までに。

 

仕掛けを買うときに注意しておかなければならないのは、「針の太さ」と「おもりの重さ」、この2つです。針の太さは狙うキスのサイズに合わせてセレクトするのが基本で、小さいキスを狙うのであれば「5号〜6号」、大きなキスを狙うのであれば「6号以上」を選択しておけばオッケーです。

針のサイズが合わなければ「アタリはあるのに全く乗らない」「せっかく釣れたキスをバラシてしまう」ということになるため、2つ、3つのサイズに分けて購入しておき、どんな状況下にでも対応できるようにしておくのが釣果を伸ばす鍵。

 

おもりの重さですが、これは「使う竿で投げることのできる範囲内」で選べばオッケーです。例えば、20gまでを投げることができる竿であれば、「10g〜20g」程度のおもりを選べばオッケーです。

また、仕掛けは根掛かりや「フグやベラにハリスを切られる」ことによるロストが多くなるため、近くに釣具屋さんがない釣り場へちょい投げ釣りを楽しみに出かけるときは、余分に買っておくことをおすすめします。ひどいときは3セット、4セットロストするときもありますからね、「備えあれば憂いなし」ぐらいの気持ちで挑みましょう。

エサは何がおすすめ?

ちょい投げ釣りのキス狙いでは、ゴカイやイソメの虫エサを使うのが一般的ですが、中にはイカやオキアミを使い釣りを楽しむ人もいるようなので、自分の好きなエサを使えば良いと思います。個人的には「石ゴカイ」を使うことがほとんどですし、もちろん良く釣れるのでおすすめです。

ただ、見た目が気持ち悪く「こんなもの触れない・・・」そんな人は、【人工エサ】と呼ばれている、ゴムでできたエサを使うのも一つの手ですね。

マルキュー(MARUKYU)
¥515 (2018/08/21 20:35:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、石ゴカイを買うときは一人300円〜500円ほどの量を買っておけば2〜3時間(半日)ほどは遊べると思うので、買いすぎ注意です。詳しいエサの付け方は動画内で紹介していますので、そちらを参考にどうぞ(動画は記事最下層で紹介しています)

ちょい投げ釣りを楽しむための場所

ちょい投げ釣りを楽しむ場所の選び方ですが、極端な言い方をすれば【(キス狙いの場合は)キスのいる場所】へ釣行すればオッケーです。言わずともキスのいない場所でちょい投げ釣りを楽しんだところで、いないものを釣ることはできませんからね・・・。

キスは基本的に「砂地」に生息している魚であり、底が砂地になっている場所での釣果は望めません。そのため、砂浜(サーフ)、サーフに隣接する漁港、堤防などが一級ポイントとなっているため、そのような場所をセレクトし、釣行してみて下さい。

 

キスが釣れる場所の選び方については別記事で詳しく解説していますので、よければそちらも合わせてどうぞ。

キスが釣れる場所選び

仕掛けの作り方

ちょい投げ仕掛けの作り方ですが、まずは竿のガイドに糸を通していきます。通し忘れがあると不具合が生じてしまうため、慌てず丁寧に通していきましょう。

次に仕掛けをパッケージから取り出し、取り付けていきます。

今回は「ささめ針 ちょい投げライトセット」を使っていますが、この場合はおもり上にある輪の部分に糸を結束するだけでオッケーです。

エサを付けるときは、石ゴカイをハサミで半分にちょん切り、針に取り付けます。キスのサイズやその日の活性の高さによっては1匹丸々付けたほうが良いときもあるため、その辺りは現場合わせでどうぞ。

「エサの付け方によって釣果が変わる」こともありますが、ちょい投げ釣りに関しては「適当にチョンとかけておく」だけでも十分な釣果を得ることができるので、エサがすぐ外れないような付け方をしておけばオッケーです。

詳しい仕掛けの作り方やエサの付け方については動画内で詳しく説明していますので、そちらを参考までにどうぞ。

初心者でも簡単!ちょい投げ釣りのやり方を具体的に紹介!

より詳しい仕掛けの作り方や釣り方(やり方)を動画内で解説していますので、ぜひご視聴下さい。

ちょい投げ釣りの具体的なやり方ですが、簡単に言えば「ちょいっと仕掛けを投げ込み、底をズルズルとゆっくり引いてくる」これだけでオッケーです。

キスの魚影が濃い場所では、仕掛け投入後そのまま放置しておくだけでも釣れてしまほどは簡単なので、難しく考えずにやってみて下さいね!

 

仕掛けを投入後、必ず底まで沈め、3秒でハンドル1回転ほどのスピードでハンドルを回し、3回転した後で止める。流れとしてはこんな感じでオッケーです。また、止める時間を長く取りすぎると「チャリコ(鯛の子供)」や「フグ」などの外道が釣れてしまうため、外道が多い場所では【止めずに巻いてくる】のも一つの手です。

メモ

魚影が濃い場所では、1人10匹、20匹の釣果は楽勝!

以上、ちょい投げ釣りを楽しむときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事