【チニング】安いロッドやリールでも問題なく楽しむことができるのか?

チニングで使うロッドやリールには、5万円以上するものがある一方、1万円以下で売られている安価なモデルもあるため、【安いロッドやリールでは純粋に楽しむことができないんじゃないか?】そう不安を覚えている人も多いはず。

今回はそんな「チニング、安いロッドやリールで楽しむことはできないのか?問題」について詳しく触れていこうと思うので、揃えるロッドやリールの価格で悩んでいる人はどうぞ参考までに。

高級ロッドやリールじゃないと素直に楽しめないの?

安いものでも問題なし!予算内で揃えたロッドやリールで楽しもう!

チニングは安いロッドやリールでも楽しむことができるのか?その質問の結論としては【予算に余裕があればできる限り高スペックな値段の高いもの】を揃えるほうが良いのは間違いない事実です。

しかし、釣具にそこまでお金をかけることができない人が大多数でしょうし、釣具にそこまでお金をかけたくない・・・という人も多いとは思いますので、ツリイコ編集部的には「そこまで高価なものを買う必要はない」と考えています。

 

例えばロッドとリールにかけられる予算が2万円であれば、1万円のリールと1万円のロッドを揃える・・・そんな感じでオッケーです。最近のロッドやリールは1万円ほどの安価なものでも十分なスペックを備えているものがほとんどですからね、1年に200回以上釣行する・・・そんなコアなアングラーでもない限り、安価なロッドやリールで十分チニングを楽しむことができますよ!

稀に「釣具は高いものじゃないとダメだ」と言い張る人がいますが、そんな人の意見には耳を傾ける必要性はありません。自分の価値観の中で、釣りという趣味を楽しむのが一番ですからね。

メモ

安いロッドやリールでも、問題なくチニングを楽しめるよ!

ワゴン売りされているものはNG

あまりに質の低いロッドやリールは止めておいたほうが無難だよ

ツリイコ編集部的な価値観でありエゴでもありますが、ワゴン売りされているようなロッドやリールにだけは手を出さないほうが良いんじゃないかな?というのが本音です。チニングを含むルアーフィッシングは、投げて巻いてを繰り返すため、そのようなロッドやリールでは、「使い物にならない」というのが実状です。

サビキ釣りとか、ちょっとしたちょい投げ釣りには最適なんですけどね、チニングを楽しむには向いていないんですよ、ノーブランドのクオリティの低いリールとロッドは。

 

チヌは大きくなれば50cmを超える魚ですし、その体高から30cmほどの個体でもビックリするほどのファイトを見せますからね。あまりにクオリティの低いロッドだと、せっかくかけたチヌを取ることができなくなりますし、最悪のケースだとポキっと折れてしまうことも考えられますからね。

1000円とか2000円で売られているロッドやリールをチニングに使うのは、できるだけ止めておきましょう。

メモ

「安物買いの銭失い」を地でいくことになるよ

1万円前後がエントリーモデルだと認識しておこう!

1万円がちょっとしたボーダーラインだよ

1万円を高いと取るか、安いと取るかはその人の価値観によるものが大きいですが、釣具の中で1万円は比較的安価な部類であり、各メーカー毎に「エントリーモデル」と設定されていることが多いです。

エントリーモデルという分類の通り、これから始める人に適した価格帯が「1万円」と設定されている訳ですから、本気でチニングを楽しもう!そう考えたときは、なるべく1万円前後のエントリーモデルクラス以上のものを揃えておくのが好ましいですね。

 

だからと言って(しっかりしたメーカーから発売されている)6000円とか8000円とかで売られているロッドやリールが使えない・・・という訳ではありませんし、その価格帯の道具でも十分チニングを楽しむことができますけどね。

長くチニングを続けていきたいのであれば、1万円前後のエントリーモデルが最適じゃないかな・・・というのが本音です。

メモ

1万円前後のロッドやリールを買っておけば十分チニングを楽しめる!

値段が高いほうが高スペック

予算に余裕があれば値段の高いモデルを買うほうが良い

言うまでもなく、値段の高いロッドやリールは高スペックであり、安価なエントリーモデルとは一線も二線も違うポテンシャルを保有しています。

そもそもの耐久性が段違いだったり、巻き心地がスムーズだったり、軽量化されて凄く軽かったり。ガイドの質がよくライン抜けが良かったり、粘りがよく魚とのやり取りに余裕を持てたり、感度が良かったり・・・

 

言い出せばキリがないほど、高スペックなロッドやリールを使うメリットは沢山あります。なので、予算に余裕のある人はできるだけ価格の高い高スペックなアイテムを使うようにしたほうがいいんじゃないかな?というのも、本音です。

ツリイコ編集部では、チニングに2万円〜3万円ほどで売られているロッドやリールを使うことが多いですし、中には7万円ほどする道具(ステラとか)を2個も3個も買う釣りバカもいますからね。

参考→高いリールと安いリール、一体何が違うのか?

メモ

言うまでもなく、予算に余裕があれば【値段が高く質の良いロッドやリール】を使うほうがいい

まずは安いロッド、リールから始めてみよう!

最初は安いロッドやリールから始めてみよう!

これからチニングを始める人や、「長く続けるか分からない・・・」そんな人は、なるべく安価なロッドやリールからスタートすることをオススメします。

腕の上達と共に道具の質もランクアップしていけばいいだけの話ですからね、まずはできるだけ安く道具を揃え、チニングの楽しさや魅力に触れてみて下さいね!

 

例えばロッドであれば「メジャークラフト クロステージ黒鯛モデル」なんかがオススメですし・・・

Major Craft(メジャークラフト)
¥9,676 (2018/12/14 20:04:51時点 Amazon調べ-詳細)

リールであれば「シマノ ナスキー」なんかがオススメですね

シマノ(SHIMANO)
¥8,285 (2018/12/14 20:04:52時点 Amazon調べ-詳細)

より詳しいチニングロッド、リールの選び方は別記事でまとめていますので、どうぞ参考までに。

以上、「チニングは安いロッドやリールでも楽しめるのか?」という問に対するツリイコ編集部的アンサーでした。

スポンサーリンク

関連する記事