【チニング】釣れたチヌをバラシてしまわないための《やり取り》について

今回は、チニングで釣ったチヌをなるべくバラシてしまわないようにキャッチするための【やり取り】についてのお話。HIT後、強引にやり取りしてしまうと大幅にキャッチ率が下がってしまうため、戦略を持ったやり取りを意識し、少しでもバラシ率を下げる工夫を心がける気持ちが大事です。

掛けたチヌはなるべくキャッチしよう!

チヌをバラさないために意識したいやり取りテクニック

チヌは30cmほどの小さな個体であっても信じられないほどパワフルなファイトを楽しませてくれる魚です。そのため、上手くやり取りしないことにはバラシてしまう可能性が高くなり、せっかくHITしたチヌを自分のミスで逃してしまうことになります。

チヌは警戒心の高い魚で、一度バラシてしまうと周囲にいるチヌ全体の緊張感が高くなり、口を使ってくれることが少なくなりますから、掛けたチヌはなるべくバラさないようにし、その全てをキャッチしてやる・・・その気持ちが大事です。

 

では、チヌをバラさないように「やり取り」するには、どのような点を意識し、ファイトを楽しむべきなのか?という点についてこれからお話していきますので、どうぞ参考までに。

メモ

なるべくバラシてしまわないよう、「やり取り」のスキルを高めよう

柔らかめのロッドを使う

他ジャンルロッドを流用するときは注意

チニングはどちらかと言うと「メジャーではない釣り」なため、シーバスゲームやエギングゲームのついでの楽しむ・・・という人が多く、他ジャンルのロッドを流用するケースが少なくありませんし、その楽しみ方でも十分楽しむことができるとは思いますが、チヌのキャッチ率を少しでも高めるためには「ロッド選び」についてもストイックに考えていきたいところです。

例えば、エギングロッドのように先調子でハリのある硬めのロッドでは、チヌのアタリを弾いたり、チヌとのファイトでタメを作ることができず、バラシてしまったり。使えないことはないが、最適ではない・・・というのが本音なんですよ。

 

そのため、どちらかと言うと「柔らかいめのロッド」を使い、チヌの引きをいなすことが容易なロッドを使うことが「バラシ率」を下げるための第一歩となりますので、その辺りを意識したロッド選びをおすすめします。

参考→チニングロッドの選び方

メモ

タメの効くロッドを使い、チヌの強烈な引きをイナそう

フッキングはしっかりする

ガッツリフッキングさせよう!

チニングだけではなく、どのような釣りにも言えることですが、アタリが出たときはなるべくガッツリとフッキングするようにし、針を魚の口から外れないようにすることが大事です。

特にチヌの上顎は分厚く硬いですからね、思っているよりも強くフッキングしないことには上手く貫通せず、上手く貫通させることができないということはバラシ率が高まってしまうことになりますからね。

 

どれだけ上手くやり取りしたところで、フックがしっかり貫通していないことには意味がありませんので、その点を意識したゲーム展開を心がけていきましょう。

メモ

バシっとアワセを入れておこう!

強引に寄せてこようとしない

焦って良いことなんて一つもないよ

特にチヌとのやり取りに慣れていない初心者アングラーがやってしまいがちなミスですが、チヌが釣れた焦りからか強引にやり取りを行い、結果としてバラシてしまう・・・というケースが非常に多いです。

もちろん、根の多いエリアや周りに人が多い釣り場であれば、強引に寄せてくる必要のあるケースもありますが、そうでない場合はなるべく慎重にやり取りし、落ち着いたやり取りをすることがキャッチ率を高めるためのコツとなります。

 

チヌが突っ込むときはリールのドラグとロッドのしなりを駆使しイナすようにし、巻けるときに巻く。ただただ強引に巻いて寄せてくるのではなく、チヌの動きに合わせたやり取りを意識するだけで、バラシてしまうリスクを大幅に少なくすることができますからね、慌てず慎重にいきましょう。

メモ

時間をかけて慎重に寄せてこよう

タモ入れは焦らず慎重に

最後の最後にバラシてしまうことが多いよ

上手くチヌの引きをいなし、慎重に寄せてきたところでピックアップしようとしたとき・・・ボチャン!とバラシてしまうことがほんと多いです。このときのショックと言えば・・・最早考えたくもありません。

タモ入れに慣れていないときはどうしても焦りからモタモタしてしまうことが多いですが、モタモタすればするほどバラシてしまう可能性が高くなりますので、せっかく上手くやり取りして寄せてきたチヌをバラシてしまわないためにも、焦らず落ち着いてタモ入れするようにして下さいね!

メモ

同行者がいるときは手伝ってもらおう!

以上、チヌを釣り上げるときの「やり取り」についてのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事