チニングにショックリーダーは必要?【※最適な長さや使うべきラインの種類など】

今回は、ルアーでチヌを狙う「チニング」において、【ショックリーダーは必要なのか?】という点についてお話していきます。結束するときに最適な長さや、「ナイロン、フロロどっちがいいの?」などなど、その辺りについてまとめていくので、ぜひ参考までに。

チニングにショックリーダーは必要なの?

PEライン使用時は必ず結束しておこう

ショックリーダーは必要

「チニングでショックリーダーは必要なのか?」という問いに対しての結論としては、【必ず結束しておこう!】というのが、ツリイコ編集部的な答えです。ただし、フロロカーボンラインやナイロンラインを用いたチニングでは結束する必要性はなく、PEライン使用時のみリーダーを結束する・・・って認識でオッケーです。

PEラインは多くのメリットがある反面、「根ズレに弱い」「結束部が弱い」というデメリットがありますからね、ボトムコンタクトが多くなるチニングにおいて、これらデメリットは手痛い弱点となってしまいます。(参考→PEラインとは?

 

では、チニングにおいてショックリーダーを結束するときは、「長さはどれくらい必要なのか?」「リーダーの種類は?」「太さはどれくらい」という点ついて、詳しくお話していきますね。

メモ

PEライン使用時は必ずショックリーダーを結束しておこう

ショックリーダーの太さ(号数)

太すぎず、細すぎないものをセレクトしよう

チニングで結束すべきショックリーダーの太さ(号数)ですが、基本的な考え方としては【PEラインと同等の強度を持ち合わせた太さ】が最適だとされています。

例えばPE0.8号を使用するなら4号(16lb)、PE0,6号であれば3号(12lb)が最適・・・みたいな感じです(使うPEラインの種類によって強度が異なるので、大体の参考までに)

 

ただ、この考え方に素直に従ってしまうと「ショックリーダー太すぎじゃない?」という懸念をどうしても振り払えなくなってしまうので、個人的には一回り細い号数のショックリーダーを使うようにしています。

PE0.8号なら「10〜12lb」、PE0.6号なら「8〜10lb」ぐらいを目安に使ってますね、このセッティングで50cmを超えるチヌを何度も釣っているので、強度は十分だということは実証済みです。

 

やはりラインが細くなればなるほど魚の警戒心が緩くなり、口を使わせやすくなるので、できる限り「ギリギリの太さ」のショックリーダーを結束し、少しでも釣果を伸ばせるよう工夫するのが一番だとは思いますので、ぜひ参考までに。

メモ

基準の太さよりも少し細めのショックリーダーを選んだほうが何かと捗る

使うべきショックリーダーの種類

根ズレに強いショックリーダーを選ぼう

チニングはどうしてもボトム付近を狙うことになるので、「根ズレ」のリスクが高くなってしまいます。そのため、ショックリーダーを選ぶときは【根ズレに強い】ということを考慮する必要性があるのですよ。

ということは、必然的に根ズレに対しそれほど強くない「ナイロンライン」よりは、根ズレに対しての摩擦強度の強い【フロロカーボンライン】のほうがチニングで使うショックリーダーに向いている・・・ということになるので、基本的には「フロロショックリーダーを使う」という認識でオッケーです。

最適な長さはどれくらい?

それほど長く取る必要はない

チニングで結束するショックリーダーの長さですが、釣行する場所によって考え方をコロコロ変える・・・というのが正解です。根ズレのリスクが低い場所では短く、反対に根ズレのリスクが常に付きまとうような場所では長く・・・みたいな感じですね。

 

例えば「底が砂地で所々に根が点在している」ような場所でチニングを楽しむときは、それほど根ズレのリスクは高くありませんよね?そのような場所では、【キャスト時にガイドへ巻き込まない程度の長さ】で十分です。

キャストするときの(ラインの)垂らし分を取っておけばいいので、50cmほどあれば十分だとは思います。

 

反対に、地磯や根の荒い河口域なんかでチニングを楽しむときは、根ズレのリスクを考慮し「比較的長めに取っておく」ことが大事です。1m〜2mほどのショックリーダーを結束しておき、根ズレの不安を根絶やしにしておきましょう。

メモ

ショックリーダーの長さは釣行場所によって考え方を変えるべき

毎回結束し直すのがオススメ

メモ

ショックリーダーは思っている以上に傷んでいることが多いよ

「ショックリーダーを毎回結束し直すなんて面倒くさい」と考え、同じショックリーダーを使いまわししている人も多いとは思いますが、個人的には【ショックリーダーは毎回結束し直すもの】と考えています。

特にチニングはボトムコンタクトが多い釣りなので、ショックリーダーが根に擦れている時間が長くなりますし、チヌは歯が鋭い魚なので、釣れたときにショックリーダーをガジガジにされてしまうことがよくあります。

 

つまり、ショックリーダーは私たち釣り人が思っている以上に「傷んでいること」が多いので、(凄く面倒ですけど)各釣行ごとに結束し直すようにし、万全な体勢でチヌを狙うのがいいんじゃないかな?とは思っているので参考までに。

メモ

大きなチヌがHITしたのに、ショックリーダーからブレイクしたときの後悔は異常

安くてコスパの良いショックリーダーを選ぼう

ショックリーダーは異様に高価なものが発売されていますが、個人的には「ショックリーダーは消耗品だし消費スピードが早いからコスパ重視で決めるべき」と考えています。

それでも、これまでコスパの良いショックリーダーを使うことによる失敗なんてしたことありませんからね、値段が安いから「すぐ切れる」とか、「強度がダメ」ということはないと思うので、よほどのこだわりがない限り【値段の高いショックリーダーを使う必要性なんてない】とは思っています。

メモ

ショックリーダーは消費が速いため、コスパ重視で選ぶのがオススメ

以上。チニングにショックリーダーは必要なの?という疑問に対するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事