【チニング】アジングロッドやメバリングロッドで楽しむことはできる?

このページでは、アジングロッドやメバリングロッドをチニングゲームへ流用することはできるの?って疑問について、色々書いていきたいと思います。

新たにチニングロッドを買うのではなく、既に持ってるアジング、メバリング用ロッドでチニングを楽しみたいと考えている人は、ぜひご一読を。

余裕で流用できる

チニングはメバリング、アジング用ロッドでも余裕で流用することができるよ

先に結論から書いておくけど、メバリングロッドやアジングロッドでも、チニングゲームを楽しむことは十分可能です。というより、どちらかと言えば【ライトゲームロッドはチニングに向いている】と言えるので、お持ちの方は迷わず流用しちゃいましょう。

チヌって、大きくなれば50cmを超える大きな魚なんだけど、チニングで釣れるアベレージサイズって30cm〜40cmほどの個体がほとんどだから、それほどハードで力強いロッドは必要ないんです。

 

そもそも、50cmを超える個体であっても、やり取りさえ上手くやればメバリングロッドやアジングロッドなどのライトゲームロッドでも十分キャッチすることができるから、「チヌって引きが物凄い魚なんだよね・・・」と力んで専用ロッドやシーバスロッドを揃えなくても、十分楽しむことができるので、まぁそんな感じ。

アジング、メバリングロッドを流用するときに意識しておきたいポイントをまとめてみる

チニングにアジングロッド、メバリングロッドを流用して楽しむときに意識しておきたいポイントをまとめておくね!

  • 10gまでキャストできればなお良し
  • ズル引きはソリッドティップ
  • リアクションの釣りはチューブラー

10gまでキャストできるロッドならなお良し

アジングやメバリングロッドは、キャストできるルアーウエイト上限が〜7g程度に収まっていることが多いんだけど、10g程度までキャストできるライトゲームロッドをお持ちであれば、そのロッドを使うことで戦略の幅を広げることができるようになります。

というのも、基本的には5g程度のリグを中心に扱うことの多いチニングゲームですが、水深が深いエリアや強風時の釣りでは、10gほどのリグを使えたほうが圧倒的に有利な状況を作りあげることができるからです。

 

まぁ絶対ではないですが、より重いルアーをキャストできるほうが有利なのは間違いない事実なので、まぁそんな感じ。ただ、チニングは重いリグより3g程度の軽いリグを投げれることが重要なので、「重たいルアーを投げる」ために軽量ルアーを扱えないロッドをセレクトするのはデメリット以外の何事でもありませんのでご注意を。

ズル引きの釣りはソリッドティップを

ズル引きでのチニングゲームは、コツン、コツン、とついばむようにアタってくるチヌの繊細なアタリを拾い、上手く乗せることが釣果を伸ばす鍵となるので、食い込みの良い「ソリッドティップモデル」のロッドを使うことをオススメします。

ズル引きの釣りでは、ソリッドティップとチューブラーティップでは「こんなに釣果が変わるの!?」というほど重要な要素ですからね、ソリッドティップモデルを持ってる方はぜひそのロッドを使ってみて下さい。

リアクションの釣りはチューブラーを

チニングと聞けば「ズル引き」をイメージする人が多いと思うんだけど、実はリフトアンドフォールやワインド釣法など、リアクションの釣りでもよく釣れます。ちなみに僕がチニングを楽しむときは、ズル引きではなくリアクションの釣りがメインです。

リアクションの釣りをする場合、ソリッドティップだとロッドアクションを吸収してしまいルアーに上手くアクションを付けられないことが多いので、ハリのあるチューブラータイプのロッドを使うのが理想的。

 

また、リアクションの釣りでは、フォール中のカツン!と金属的なアタリに対し、バシ!っと即合わせすることが釣果を伸ばす鍵なので、アワセの決まりやすいチューブラーが適しているんです。

とにかく「俺はリアクションの釣りでチニングを楽しみたい!」ってアングラーは、迷わずチューブラータイプのメバリング、アジングロッドを流用しちゃいましょう。

 

以上、チニングにアジングロッドやメバリングロッドを流用するときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事