チニングで使うべきラインについて【※太さ(号数)、種類など】

このページでは、チニングで使うべき「ライン」の色々についてお話していきます。どれぐらいの太さがいいの?PE、フロロ、ナイロン、どの種類を使えばいいの?と疑問に感じてる人はぜひ参考までに。

種類別にラインの特徴を書き出してみる

ラインの特徴を知ることで釣果が伸ばせる・・・かも

  • ナイロンラインの特徴
  • フロロカーボンの特徴
  • PEラインの特徴

■ナイロンラインの特徴

ナイロンラインは安価で購入することができ、巻きぐせも少なく扱いやすいことから、「初心者に適したライン」として、今も昔も愛用者が多いラインです。

しかし、ナイロンラインには「伸びが凄い」という特徴があるため、この伸びのせいでルアーにロッドアクションが伝わりにくかったり、感度が悪くなってしまったり。特にルアーアクションや感度が重要となるルアーフィッシングではマイナスに感じることが多くなりがちなラインでもあります。

■フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンラインはナイロンラインに比べて伸びが少なく、「根ズレに強い」という最大の売りがある。例えば岩礁帯や磯場など、ラインが擦れる可能性が高いエリアでの釣りに適しています。

ただし、巻きぐせがとても強く、扱いにくい・・・というデメリットもあります。

■PEライン

近年のルアーフィッシングは「PEライン一択!」な雰囲気になっているほど、多くのアングラーに使われているラインです。伸びが全くなく、強度も抜群、摩擦も少ないことから飛距離も出て、とても有能なラインであることは間違いありません。

ただ、PEラインは「良いことづくし!」ってことじゃなく、メリットが沢山ある一方、デメリットとなる部分の多い、「諸刃の剣」的なラインと考えておくほうがよいかと。

 

例えば、「擦れに弱い」「風に弱い」「摩擦に弱い」「結束部が弱い」「絡まりやすい」、思いつく限り書き出しただけでも、これだけ多くのデメリットがあります。

チニングで使うべきラインの色々

チニングゲームで使うべきラインの色々について書き出しておくね!

  • 種類はどれがいい?
  • ショックリーダーは必要?
  • 号数(太さ)はどれくらい?
  • 風が強いときは・・・

種類はどれがいい?

前項で、ラインの種類別で特徴を書き出しましたが、チニングに最も適しており、多くのアングラーが活用しているラインは【PEライン】です。どの種類がいいかなー?と悩んだときは、PEラインを巻いておけばまず間違いないので参考までに。

PEラインは「風に弱い」とか「擦れに弱い」というデメリットがあるんだけど、そのデメリットを帳消しにするようなメリットがあるから、悪い面はそれほど気にしなくてよいかと。

 

チニングって飛距離はそれほど必要ない釣りなんだけど、(チヌの)ついばむようなコツ、コツという小さなアタリを感知し、ベストなタイミングでフッキングしてやる必要があるから、ラインの「感度」は必要不可欠な要素なんです。

PEラインはナイロン、フロロカーボンとは比べ物にならないほど「感度が良いライン」なので、その他メリット、デメリットは考えず、この「感度が良い」というメリットを手に入れるためだけにPEラインを使っている・・・といっても決して大袈裟ではないんですね、ほんとに。

 

ちなみにPEラインは値段が高く、コストが高くなってしまいがちなので、メジャークラフトから出ている「弾丸ブレイド」というPEラインをオススメします。

ショックリーダーは必要?

PEライン使用時は、擦れに弱い、結束部が弱い、摩擦に弱いというデメリットの存在を薄くするため、先端〜1mほどに「フロロカーボンライン」を結束することをオススメします。所謂【ショックリーダー】ですね。

中には「ショックリーダーなんて必要ない」と鼻の穴を膨らませて否定してくる人もいますが、僕の長い釣り人生の中で得た答えとしては、【ショックリーダーは絶対必要】と思ってるので、必ず結束するようにして下さい。

 

ほんと、ショックリーダーを結束しないと、キャスト時に結び目から切れてルアーが飛んでったり、チヌとのファイト中に歯やヒレにラインが擦れてブレイクしたり、ろくなことがないですからね。

号数(太さ)について

チヌは大きくなれば50cmを超える大きな魚ですし、引きも凄まじい魚です。そのため、「チニングでは太いラインを使ったほうがいい」と感じている人も多いようですが、必ずしもその意見が正解とは限りません。

よく釣れるチヌのアベレージサイズは30〜40cmほどの個体が多いため、あまりに太いラインを使うとオーバースペックになります。やはり、細いラインのほうが魚の食いが良くなる傾向にあるので、必要ない強度を持つラインを使うことはデメリット以外の何者でもないんですね。

 

チニングで使うべきラインの号数をまとめてみると・・・

ラインの太さはこれぐらい

  • PEライン(0.4〜0.8号)
  • フロロカーボン(8〜12lb)
  • ナイロンライン(8〜12lb)

僕は過去に何度も50cmを超えるチヌをPEライン0.4号で何の苦労もなく釣り上げることができているから、思ってるより「細い目のライン」で十分対応することができるので、大体の参考までに。

風が強いときのチニングゲームは・・・

チニングはチヌのカツン!という細かいアタリを如何に多く感じ取ることができるか・・・が釣果を分ける大きなキーポイントとなりますが、風が強い日は「アタリを捕えるのが凄く難しく」なるんです。

というのも、PEラインは風に弱く、比重が軽いため流されやすい特性があり、また、ラインテンションが抜けると極端に感度性能が低下することから、強風下での釣りでは嘘のようにスペックが低下しちゃう。

 

なので、風速5mを超える風が強い日のチニングはPEラインではなく、風の影響を受けにくい【フロロカーボンライン】を使用したほうが何かと有利になることが多いので、使い分けるという選択肢も持っておいて下さい。

参考ページ→チニングは風が強い日でも成立する?

僕はPEライン0.4号をメインに使ってる

細いラインで十分!

僕がチニングを楽しむときは、大抵シマノのc2000番クラスのリールにPEライン0.4号を100mほど巻き、挑むようにしています。一般的に見ると「ライン細すぎじゃね?」なるかもしれないけど、このセッティングで嫌な思いをしたことはないし、他のアングラーと比べても、多くのチヌを釣り上げることができているから、ベストなセッティングなんじゃね?と思ってます。

やはりラインは細ければ細いほど魚へ警戒心を与えるリスクを減らせるため、釣果が伸びる傾向にあります。また、細いラインのほうが飛距離が出るし感度も良くなるので、最早「細いラインを使うこと」は良いこと尽くしなんですね。

 

まぁ、俺は50cmオーバーのチヌしか興味ねーんだよ!って人は0.8号とか1号の太いラインを使えばいいと思うけど、僕のように30cm〜40cm程度のチヌをコンスタントに釣りたい派のアングラーは、ぜひお試しあれ。

以上、チニングで使うべきラインについての色々でした。

スポンサーリンク

関連する記事