アジングやメバリングでの、ボトムの取り方を超分かりやすく伝授!

アジングやメバリングをしていると、表層や中層では何の反応もなく、どうやら魚はボトム(海底)に沈んでいるようだ・・・ってことがよくあります。特に魚の活性が低いときはボトムにいることが多いですね。

このような【魚がボトムに沈んでいるとき】ってのは、表層や中層を攻めたところで釣れる可能性は凄く低くなってしまうので、基本的には表層、中層を捨て、ボトム中心に攻めていくのがセオリーです。

 

単純に、キャスト→フォール→ボトム着底→アクション(ただ巻きやジャークなど)となるんですが、そう簡単には事を運ばしてくれませんよね。

経験者ほど良く分かっているとは思いますが・・・【ボトムを取れない(取りにくい)】んです。特に風が強い日や潮流が速い場所なんかではボトム着底が把握できず、思うように釣りを展開できないことがよくあります。

 

ショアジギングやシーバスゲームのように、20gとか50gとか、数十グラム以上のルアーを操作するならまだしも、アジングやメバリングで使うリグは1g〜3g前後の場合がほとんど。

リグが軽くなればなるほどボトムを取るのが難しくなるので、【アジングやメバリングって、どうやってボトム取るんだよ・・・】と感じている人はほんと多いと思います。

 

僕なんてかれこれ8年ほどアジングやメバリングをやってますが、風が強いとか、潮が速すぎるとか・・・その日の条件によっては未だにボトム着底が分からないこともあります。

そんな若干難易度が高い、アジングやメバリングでのボトム着底ですが、知っていると知らないでは釣果に100倍ぐらいの差があるんじゃね?って方法があるので、これから紹介していきたいと思います。

メモ

ライトゲームでボトムを取るにはコツがいる

ボトム着底を知るための4つの方法

ボトム着底を知るべき4つの方法

  1. ロッドに伝わるボトム着底の合図を取る
  2. ジグの重みで着底を把握
  3. 着底までのカウントダウンをする
  4. ラインやティップで判断する
  5. ジグヘッドを重くするのも一つの手

水深が深いとか、風が強いとか、潮の流れが速いとか・・・まぁ色々あるとは思いますが、この4つを知っておくことでどんな状況にでも、ほぼほぼボトム着底を知ることができますので、アジンガー、メバリンガーはぜひ覚えておくべきです!

ロッドに伝わる「コン!」って反応を感じ取る

伝わってくる合図

最初に伝えておきますが、この方法は凄く難易度が高いです。よほど感度の良いロッドを使っているか、よっぽど集中力がある人にしか使えない方法なので、方法の一つとして一応知っておくか・・・ぐらいに収めておくのが一番です。

単純に、キャストしたルアーやワームが着底したときにでる「コン」とか「コツン」という衝撃がラインを伝い、ロッドに伝達される反応を感知することになるのですが・・・ほんと難しいです。

 

難しいというより、1gや2g程度のジグヘッドじゃ感知するのは不可能じゃない?と思えるほど微細な反応です。

ロッドに出る着底の合図を明確に知りたいときは、(その日の状況にもよりますが・・・)使用するジグヘッドを5g程度まで重くすることで分かるようになることもあります。

メモ

凄く難しいけど、できればある意味一番簡単な方法

ジグの重みで確認する

ロッドを上に煽る

キャストし、リグをボトム目指して沈めているときに、「ん?着底したかな?いや、してないかな・・・?」と不安に思うことがあるとは思いますが、そんなときは【ジグの重み】を調べることで、着底しているかどうかを見極めることができます。

方法としては、ボトム着底を知る一番簡単な方法なので、ぜひ試してみて下さいね!

 

具体的なやり方ですが、「そろそろ着底したかな?」と感じた時点で、ロッドを上方向に(軽く)持ち上げてみます。このとき、すぐにでも手元に重みを感じたときは【沈んでいる最中】なので、もう一度沈めます。

反対に、ロッドを持ち上げたときに【フワっとした感じ】、要するにテンションが抜けているように感じた場合は、リグがボトムに着底し、ラインスラッグがでている状態であると判断し、リトリーブを開始して下さい。

 

これで、比較的簡単にボトムをとることができますよ!

メモ

所謂「聞きにいく」というやつですね。慣れれば簡単なので、ぜひお試しあれ

時間を計る(カウントダウンする)

カウントダウンで着底を知る

単純に、キャスト後の着水からボトムまでにかかる時間を計ることで、次のキャストからはカウントダウンをするだけでボトムがとれてしまう・・・って方法です。

だから・・・そもそもボトムを取れないんだって!!と思うでしょうが、先程の【ジグの重みで確認する方法】と組み合わせることで成立する方法なので、ぜひ知っておいて下さい。

 

方法としては

  1. 着水後、まずは10秒沈めてみる
  2. その時点でボトムを確認できれば5秒で沈めてみる(微調整)
  3. 10秒でボトムを取れないときは15秒でやってみる
  4. その後、ボトムが取れるまでは5秒刻みで沈めてみる

 

要するに、ボトムを取れるまで5秒刻みで確認していくことで【ボトムに着底するまでの秒数】を最終的に知ることができる・・・って方法です。後はキャスト後にカウントダウンを行うことで、意図せずともボトムが取れてしまう・・・ってこと。

メモ

ボトムまでの秒数を知れば後が楽になる

ラインやティップを見る

ラインやティップ(穂先)の動きを見ることで着底を知ることができるよ

主にデイゲームで使う方法(視認性が良いことが条件なため)で、凄く文字で説明するのが難しい方法なのですが、(キャスト後の)ラインやティップの動きを見ることでボトム着底を簡単に知ることができます。

まずは「ティップ」ですが、よーく見ていると、ボトム着底と同時にティップが「チョン!」と動きます。ほんと静かに動くので見逃しがちですが、これほどボトム着底を正確に見抜く方法は他にありません。

 

次にラインを見て着底を判断する方法ですが、この方法はほんと文字では伝えにくいです・・・。

IMG_0206

 

着水後、余分に出たラインスラッグを巻取り(ピン!っとテンションがかかるように)、再度ベールを起こしてラインを送り出します。このとき、上写真のように指でライン放出を抑えるようにし、ラインにテンションがかかった時点で2秒ほど離してみて下さい。

 

するとラインは弧を描いたようになりますので、再度ラインにテンションが掛かるまで指で放出を止めておき、ピンと(ラインが)まっすぐになった時点でまた2秒ほど指を離します。

これを繰り返していくと、ラインに動きがなくなりますので、その時点で【ボトムに着底した】と判断し、リトリーブを開始して下さい。

メモ

ラインの動きが止まったときが着底の合図

慣れるまではジグヘッドを重たくするのも一つの手

ジグヘッドを重たくする

メバリングやアジングでボトムが取りにくい理由はやはり「使用するリグの重さが軽い」ということなので、根本的な【ボトムを取れない原因】を排除するため、慣れない内は使用するジグヘッドの重さを重たくしてみるというのも一つの手です。

例えば、1gでボトムが取れないのであれば3g、3gでも厳しいときは4g・・・みたいな感じで重たくすればオッケー。

 

アジングやメバリングではなぜか「重たいジグヘッドでは釣れない」というイメージが強いですが、個人的な感覚としては「そんなことはない」と言い切れます。

確かにシルエットが大きくなったり沈下スピードが速くなったりで食いが悪くなることもありますが、逆も然りですからね。重たいリグのほうが食いが良い・・・ってときもあるので、そんな先入観はまず取り除き、ボトムが取りやすいウエイトでやってみることをオススメします。

メモ

ジグヘッドの重さ云々より、ボトムが取れないことによるダメージのほうがでかい

まとめ

アジングやメバリングでボトムをとるのはとても難しいけど、4つの方法を知ることで比較的簡単にボトム着底を知ることができるようになるよ!

ボトムを制することで釣れる魚も沢山いるから、この機会にぜひボトム中心の釣りを展開してみてね!きっと良い思いができるはずだよ!

スポンサーリンク

関連する記事