アジングラインの選び方!太さはどれくらい?PE、エステル、ナイロン、フロロ、一体どれが良いのか?など

PE、フロロ、エステル、ナイロンと、アジングで選ぶべきラインには4つの選択肢があるのですが、特に初心者の人は「どのラインを選んだらいいんだ・・・」と、頭を抱えている人も多いはず。

単純な話、どの種類のラインでも「使えるっちゃ使える」し、アジングを楽しむことはできるのですが、やはりそれぞれのラインに特性があり、使い用によっては釣果にバカほど影響してしまうほど大事なことでもあるので、ここで「アジングに適したライン」について、ツリイコ編集部的な意見をまとめておきたいと思います。

アジング用ラインに求める2つの理想

アジングラインに求めるべきもの

  1. アジのアタリを明確に捉える「感度」
  2. バシっとフッキングを決めるための「伸びない」性能

アジングラインに求めるべき理想として、上の2つが挙げられます。感度と伸縮性に目を当てることで、選ぶべきラインが見えてきますので注目してみましょう。

アジングでは感度がとても重要

アジング経験者の方は腹がよじれるほどよく分かっているとは思いますが、アジのアタリは凄く小さく出ることが多く、感度の悪いラインを使ってしますと「全くアタリが分からない・・・」みたいな、どうしようもない状況に陥ってしまうことが良くあります。

アジのアタリが取れないということは、釣果が劇的に下がってしまう要因となってしまうため、ラインの「感度性能」は絶対的に無視することができないポイントです。

 

また、アジはコツン、カツンとアタリがあった時点で「バシっ!」と素早くフッキングすることが上手く乗せるための条件となるため、アタリが取れないということはフッキングのタイミングが遅れ、せっかくのバイトを無駄にすることに繋がってしまいます。

ですので、【ラインの感度が悪い】ということは、釣果を伸ばすための弊害となってしまうことが考えられるため、できる限り感度の良いラインを使い、細かいアジのアタリを取っていく姿勢が大事です。

伸びないラインがオススメ

4つあるラインの中には、ビヨーンと伸びがあるラインであったり、反対にほとんど伸びがないラインだったり。ラインでも、素材が違うと嘘のように伸縮性に違いが出ます。

あまりに伸びるラインは「感度が悪く」傾向にありますし、伸びることにより「フッキング」が決まり難くなってしまうため、アジングに適しているのは、どちらかというと「伸びないライン」に軍配が上がる・・・ということになりますね。

 

アジングで使うラインを選ぶときは、伸びるラインよりは「伸びの少ないラインを使う」これが正解です。

PE、エステル、フロロ、ナイロン、それぞれの特性を知り、アジングで使うラインを決めよう!

img_0164

さて、アジングラインで理想的なラインの特徴をまとめてみたところで、次にPE、エステル、フロロ、ナイロン、それぞれの特性を知り、どのラインを使うべきなのかを選んでみましょう。

ただ、冒頭でお話した通り「このラインが正解!」なんてことは絶対にありませんので、自分の釣りスタイルや地域性を考え、アジングラインを選んで頂ければと思います。

PEラインの特徴

恐らく、アジングを含めたソルトウォーターゲームで一番活躍しているであろうラインが、「PEライン」です。個人的に、アジングの他にシーバスやショアジギングやエギングなど、色々なゲームをやっていますが、そのほとんどの釣りでPEラインを使用しています。

ただ、非常に癖が強いラインでもあり、特に初心者の人には若干敷居の高いラインとも言えるため、その辺りは十分気をつけて下さいね。

 

PEラインの良い点としては、「伸びがない」「感度が良い」「飛距離が出やすい」などが挙げられます。反対に悪い点として「擦れに弱い」「風に弱い」「比重が軽い」などが挙げられます。

感度、伸びに関しては「超アジング向き」のラインであり、PEラインを使用しているアジンガーはとても多いですが、反面デメリットも多いため、メリットとデメリットを照らし合わせながら検討するほうが良いです。

 

例えば、風に弱いというPEラインの特性上、風速4M以上にもなると非常に扱いにくくなりますし、トラブルも増えます。風の強い日のPEラインほどストレスが溜まることはなく、風のせいで釣りにならない・・・ということも良くあります。

後は「比重が軽い」ことにより、軽量リグは扱いにくいという欠点もあります。1g程度のジグヘッドを使用する場合、(風や潮の状況下にもよりますが)ボトムまで沈めることができないこともありますからね。最近では比重の重たい「シンキングタイプ」のPEラインもリリースされているため、それを使うのもアリっちゃアリです。

 

ですので、PEラインは伸びがない分、感度も良くアジングに適したラインではあるが、欠点も多く扱いが難しいライン・・・という認識でオッケーです。

エステルライン

比較的新しい種類のラインであり、ソルトウォーターゲームではアジングぐらいでしか使っている人がいない特殊なラインでもあります。

最近では雑誌などのメディアに取り上げられることが多くなり、気になっている人も多いと思いますが、PEライン同様「難点」もあるため、使用には注意が必要です。

 

エステルラインはPEライン並の感度と伸縮性(伸びない)という特性を持っていますが、製品の性質上「凄く細いライン」となっており、非常に繊細なラインです。

要するに、細すぎるために「切れやすい」というデメリットがあり、手でひっぱるだけでも切れてしまいますからね、最初の頃は「なんだよこの不良品は・・・」と思ってしまうほどは、すぐ切れるラインです。キャストしたときやアジがHITしたときにプツン・・・と切れてしまうこともあるため、色々気を使わないといけないラインであることは間違いのない事実ですね。

 

エステルラインはアジングに凄く向いているラインでありながら、「切れやすい」いう残念なデメリットもあるので、魚とのファイト中にドラグで応戦できるテクニックがある上級者向けとなるので、その辺りを理解した上で使ってみることをおすすめします。

サンライン(SUNLINE)
¥1,291 (2018/08/21 03:52:08時点 Amazon調べ-詳細)

フロロカーボンライン

フロロカーボンラインは「とても根ズレに強い」「潮馴染みが良い」という特性を持っており、伸びも感度もPEラインよりは劣るがアジングで使えないことはないレベルとなっています。

根ズレが強いというメリットを活かし、磯でのアジングやテトラ帯での釣行など、ラインが擦れやすい場面でも活躍しますし、「比重が重たい」というメリットもあることから、水深が20m以上もある激深エリアでも活躍することができるので、そのようなフィールドをメインで釣行する人にはとてもオススメなラインです。

 

感度や伸びに関しては「中途半端」と言わざるを得ない性能になってますが、それほど気にする必要はないほどにはアジの反応を手元に伝えることができるので、フロロをメインラインに使用している人はとても多いです。

ただ、巻きぐせがつきやすくトラブルが多発することもあるので、その辺りは注意しておいたほうが良いとは思います。

ナイロンライン

ナイロンラインは他のラインと比べると「圧倒的に伸びる」ラインであり、正直「アタリを正確に取ることが重要なアジングには向いていないライン」と言わざるを得ません。

個人的にも使ったことはありませんし、上級者の方でナイロンラインをメインで使っている人を見かけたことがないので、まぁそういうことなのでしょう。

 

ただ、ナイロンラインはとても安価で、数百円で買えることもあり、コストパフォーマンスが頗る良く、(PEやエステルと比べて)トラブルが圧倒的に少なく済むため、初心者アジンガーさんの取っ掛かりには使いやすいラインだとは思います。

アジングはどうしても細いラインを使うためトラブルが起きやすいので、最初はトラブルフリーなナイロンラインから始め、徐々に他のラインへシフトしていくのも有りなんじゃないかな?と考えることもできますね。

ダイワ(DAIWA)
¥1,017 (2018/08/21 03:52:09時点 Amazon調べ-詳細)

使うべきラインは太さ(号数)は?

アジングで使うラインの太さですが、これに関しては「細ければ細いほうが良い」と考えておきましょう。細いラインは飛距離が伸びますし、魚の警戒心が下がり良く釣れるようになるというメリットがあり、また【細いラインのほうが風や潮の影響を受けにくい】ことから、0.2g〜1g程度のリグを扱うことになるアジングでは、細いラインの使用が絶対条件とも言えるのです。

PEラインを例に取り、具体的な太さを表すと「0.2号〜0.4号」の使用が適正範囲内であり、よりストイックに釣果を求めるのであれば、それより細いラインを使う選択肢も考慮しても良いんじゃないかな?というのが本音です。

 

とは言え、あまりにも細いラインを使ってしまうとトラブルが多くなってしまうため、個人的には「PE0,2号」を使うことが多いですし、その太さで十分すぎるほどの釣果を上げているため、どうぞ参考までに。

PEラインをメインで使ってます

先程もお話した通り、個人的にアジングの他にも、シーバスやショアジギングなどの釣りを楽しんでいる影響から、アジングでも「PEライン」をメインに使ってます。

「慣れている」という理由もありますが、個人的なアジングスタイルは「巻きの釣り」ではなく「縦の釣り」であり、要するにワームないしルアーにアクションを加え、リアクションバイトを狙うメソッドでアジを仕留めています。

 

ですので、伸びのあるラインであればリグの動き(アクション)に悪影響を及ぼすことに繋がり結果として釣果が落ちてしまう傾向にあるため、必然的に「伸びないライン」の使用が絶対条件となっているのです。

伸びない・・・となるとPEかエステルになりますが、エステルの「切れやすい」というデメリットが僕は嫌いなので、消去法としてアジングではPEラインをメインに使ってるって感じですね。

まとめ

ツリイコくん
  • PEライン→感度重視ならコレ。ただ、デメリット多し。
  • エステルライン→超アジング向き。ただめっちゃ切れやすい
  • フロロカーボンライン→根ズレに強い。感度や伸びは中途半端な性能
  • ナイロンライン→めちゃ伸びる。入門用ライン。

まぁこんな感じ!

スポンサーリンク

関連する記事