アジングで使う【ジグヘッドの選び方】まとめ

今回は、アジングで使うジグヘッドの「選び方」についてのお話。一言でアジング用ジグヘッドとは言っても、種類だったり重さだったり、購入時に考えるべき点が幾つかありますので、その辺りについて詳しくお話していこうと思います。

釣り方によってジグヘッドを使い分けよう

アジング用ジグヘッドを選ぶときに意識しておきたい点

アジングで使うジグヘッドを選ぶときに意識しておきたい点は、大きく分けて3つ!その3つを意識し、ジグヘッドを選ぶことで自分が思い描いている釣果を得られる可能性が高くなるので、よりストイックな考えでジグヘッドを選んでいきましょう。

では、アジングで使うジグヘッドを選ぶときに意識したい3つの点とはどのようなものなのでしょうか?

ここを意識しよう!

  • 釣り方により形状を変える
  • 重さ(ウエイト)を考える
  • 複数メーカーのジグヘッドを試す

形状、重さ、検証、この3つを意識しながらジグヘッド選びをすることで、自分に合った最高のジグヘッドに出会える可能性が高くなり、同時に沢山のアジが釣れるキッカケを得ることができると思うので、色々試行錯誤しながらアジング用ジグヘッドを選んでもらえればと思います。

では、それぞれ一つずつ簡潔に見ていきましょう。

メモ

最初の内は色々試し、自分に合ったジグヘッドを探し出そう

ダートとスイミングで形状を変える

釣り方によってジグヘッドの形状を変えてみよう

アジングには沢山の釣り方やテクニックがありますが、その中でもよく使う釣法が「ダート」と「スイミング(ただ巻き、リフトアンドフォールを含む)」です。

日中ではリアクションバイトを狙ったダート釣法、夜間はワームをじっくりアジに見せるため「ただ巻き」、もしくは「リフトアンドフォール」で狙うことが多くなりますね。

 

このようにアジングでは様々なテクニックを駆使しアジを狙っていくことになりますが、そこで意識したいのが「ジグヘッドの形状」となる訳です。

事実上、どのような形状のジグヘッドであってもスイミングやダートが行える設計にはなっていますが、やはり専門のジグヘッドを使うほうが操作のクオリティが高くなりますし、釣果も良くなる傾向にありますからね、この辺りをストイックに考えることができるかどうかが、上手い人とそうでない人を分ける境目でもあります。

 

では、ダートでアジを狙うときと、スイミングでアジを狙うとき、それぞれ分けて「どのような形状のジグヘッドを使うべきなのか?」という点について見ていきましょう。

ダートで使うべきジグヘッド

 →尺ヘッドの詳細はコチラ

ダート用のジグヘッドはヘッド形状が三角っぽく尖っているのが特徴で、ロッドをチョン、チョン、と動かすことにより、左右へのキレッキレのダートを生み出してくれます。

具体的なやり方としては、キャスト後任意のレンジまで沈め、チョン、チョンとロッドアクションをつけた後、テンションフォールで元のレンジまで落とす。もしくはチョン、チョン、チョン、とフォールを入れることなくダートさせ続けるのもオッケーです。

 

ダートでアジにアピールし、フォールで食わす。イメージとしてはこんな感じですね。アジの活性が高いときはダート中でもガツガツ当たってきますので、ぜひやってみて下さい。

スイミングタイプのジグヘッドでもダートさせることができますが、やはり専門のジグヘッドに比べると動きのクオリティが低いというかなんと言うか。ダート釣法はキレッキレに動かしてなんぼ!とは思っていますので、できる限り専門のものを使い楽しむことをオススメします。

より詳しく→アジングで使うジグヘッドの種類について

スイミング用ジグヘッド

正直なところ「スイミング用ジグヘッド」というカテゴリで発売されているジグヘッドはないのですが、ダート用ジグヘッドでないものを総称してスイミング用と呼んでいます。

つまり、ダートさせる訳ではなく、「ただ巻きやリフトアンドフォール」でアジを狙うときに最適なジグヘッド・・・だと言う認識でオッケーです。

 

文字通りリトリーブ(巻く)だけでアジを狙うときに適しているジグヘッドであり、チョンチョンと軽くロッドを動かし、テンションフォールで食わす釣り(ダートと同じような感覚ですが、ダートよりも控えめに動かすのがコツ)を楽しむときは、この「スイミング用ジグヘッド」で釣りを展開していきましょう。

メモ

ダートタイプとスイミングタイプ、2つを上手く使い分けよう

必要な飛距離やフォールスピードによって重さを変える

複数の重さ(ウエイト)を用意しておこう

続いてジグヘッドの重さの選び方ですが、基本的にはスイミングタイプのジグヘッドで「0.4〜2g程度」ダートタイプのジグヘッドで「2g〜5g程度」を基準に揃えておくことをオススメします。

例えばスイミングタイプであれば、0.4g、0.6g、0.8g、1g、「たった0.2gの差で何が変わるんだよ」そう思われるかもしれませんが、この少しの差が釣果に大きな差を生むキッカケとなることが多いので、細かくウエイトを刻みながら様々な重さのジグヘッドを選んでおくのが大事です。

 

アジが沖のほうにいるから飛距離が必要・・・そんなときは少しでも重たいジグヘッドを使うようにし、フォールスピードをゆっくりにしたい、潮に馴染ませながらドリフトさせたい・・・そんなときは、少しでも軽いジグヘッドを使うのがベストです。

ツリイコ編集部的には、まず1gを基準にアジングを始め、その時点で「食いが悪い」「アタリはあるけど乗らない」というときはより軽いジグヘッドを、「深場でボトムを攻めたい」「もっと遠くに飛ばさないといけない」そんなときは、より重たいジグヘッドを使う。こんな感じでゲーム展開することが多いですね。

 

いずれにしても「複数のジグヘッドを揃えておく」ということは、アジングで最大限の釣果を得るための必須事項であるとは思っていますので、どうぞ参考までに。

より詳しく→アジングで使うジグヘッドの重さを決める

メモ

細かくウエイト調整するのが釣果を伸ばすコツ

色々なメーカーのジグヘッドを試してみる

自分で試してみるのが一番

アジング用ジグヘッドは各メーカーから沢山リリースされていますので、色々試し、その中から「自分に最も合ったジグヘッド」を選ぶのが何より一番です。

個人的な感覚ではありますが、中には「なんだよこのジグヘッド・・・」と感じるようなダメなものもありますし、その一方で「このジグヘッドは最高に使いやすい!」というものもあります。

 

例えば「フォール姿勢が素晴らしい」とか、「潮噛みがよく、操作感が抜群」だとか、使っていて【こ、これだ!】と感じるジグヘッドは必ず出てくるとは思いますので、ぜひ色々試し、自分に合ったジグヘッドを探し出してみて下さいね!

メモ

5メーカーぐらい試し投げしてみるといいよ

以上、アジングで使うジグヘッドの選び方まとめでした。

スポンサーリンク

関連する記事