【アジング】レンジキープするときのコツ

今回は、アジングにおいて必ずと言っていいほど会得しておきたいテクニックである「レンジキープ」のコツについてのお話。一定の層(レンジ)を引くことができれば釣果に好影響を与えること間違いなしなので、ぜひ参考までに。

レンジキープを極めよう

カウントダウンが基本

カウントダウン

レンジキープより何より大切なのが、「カウントダウンでレンジの把握をする」ということ。アジングで安定した釣果を伸ばすには【アジのいるレンジを把握】することが大事なので、5秒のレンジ、10秒のレンジ・・・と徐々にリグを沈めていき、アジの居場所を特定していきましょう。

やり方は簡単で、まずは【ボトム着底までの時間を知る】ためにカウントダウンで底まで沈む時間を計り、その後5秒沈め、それで反応がなければ10秒、それでもダメなら15秒・・・と、徐々に深いレンジを探っていくだけでオッケーです。ちなみに、ジグヘッドの重さが少し変わるだけでレンジが変わるので、ウエイト変更の度カウントダウンを行うのが鉄則。

 

そして、カウントダウン後に大事な要素となってくるのが「レンジキープ」であり、幾らカウントダウンでアジの居場所を特定することができても、「そのレンジをキープしながら巻いてこない」ことには意味がありませんので、その辺りについて具体的なやり方を見ていきましょう。

メモ

とにかくカウントダウンでアジの居場所を特定することが大事

レンジキープは難しいテクニック

レンジキープは思っている以上に難しいテクニックだよ

一言で簡単に「レンジキープは大事」とは言ったものの、実はレンジキープは【非常に難しいテクニック】であり、できるようになるまでは実践で経験を積み上げていく他、スキルアップの方法がありません。

レンジキープがまともにできない=「アジのいるレンジを攻めきれない」ということになり、結果として【釣果に悪影響を及ぼす】ということになりますので、その辺りを意識した上で、レンジキープのスキルを高めていきましょう。

 

アジが全層に散りばめられている状況であれば、それほどレンジを意識せずとも結果を残すことができますが、「アジが中層付近にしかいない・・・」という場面では、カウントダウンをしっかり取り、レンジキープしながら同じレンジを引いてこないことには思うような釣果が得られませんからね、渋い状況下で釣れる人と釣れない人の差は、この辺りにある訳です。

レンジキープをしっかり行うには「経験を積み上げる」他方法がありませんが、意識しておくことでスキルアップの手助け程度にはなる事項が幾つかありますので、これからその辺りについてお話していきます。

メモ

レンジキープをマスターすることで釣れるアジは沢山いる

釣り人の立ち位置や潮や風を考慮する

潮の流れや風の強さでレンジキープの難易度が変わるよ

立ち位置をルアーと同じ目線にすることができ、なおかつ潮の流れも風も何もない状況下でレンジキープを行うのは容易ですが、沖へ向かってキャストする以上、ルアーよりも釣り人の立ち位置はどうしても上になりますし、海には潮の流れ、陸には大小あれど風が吹いています。

立ち位置が上になるということは、ラインテンションを掛けている以上ルアーには上方向の力が加わることになり、まっすぐ沈めているつもりでも「斜めに(釣り人に向かって)」ルアーが沈んでいきますので、その点を意識した上で「レンジキープ」を行う必要性がでてきます。

まっすぐ落ちない

↑こんな感じで、所謂「カーブフォール(テンションフォール)」をするときは斜めに向かってルアーが沈むことになり、つまり「ゆっくりジワーっと沈む」ことになるので、その点を踏まえた上でレンジキープを行いましょう。

足元に落としワームを沈めるとスッと勢いよく沈むとは思いますが、テンションフォールの沈下スピードをその意識で考えているとレンジ把握に誤差が出てしまうので、テンションフォールとフリーフォール(テンションをかけずにフォールさせる)では沈むスピードが違うということを頭においておき、その考えを釣りに反映させるのがレンジキープを上手くするコツの一つ。

 

また、海には大小あれど潮の流れがありますので、潮の強弱によっても沈むスピードが変わります。この辺りは経験を積まないことにはどうにもならないことあり、要するに「感覚」の問題なので、経験を積んでいく他把握する術はありません。

後は「風」もレンジキープの難易度を高めてしまう要素となりますね。風が強い日はどうしてもラインが風に引っ張られ、ワームを浮かせてしまいますから。ロッドを寝かしなるべくラインへ風の影響を受けなくするのが大事です。

メモ

書いてて何を言っているのか分からなくなるほどは「立ち位置、風、潮」がレンジキープの障壁なので、その辺りを考慮した上で釣りを展開していきましょう!

リフトアンドフォールである程度のレンジ把握を

リフト&フォール (1)

アジングでは「ただ巻き」の他に、ロッドを上に持ち上げワームをリフト、その後フォールさせる「リフト&フォール」と呼ばれるテクニックがあります。

アジはフォールに好反応を見せる魚ですからね、個人的には【アジングはリフトアンドフォールで楽しむべき】とも思っているので参考までに。

「ただ巻き」はリトリーブスピードやワームの浮き上がりを微調整しないことにはレンジキープが難しく、一言でいうと「ただ巻きでのレンジキープは難しい」と言わざるを得ませんが、リフトアンドフォールでのレンジキープはそれほど難易度が高くないので、「ただ巻きでレンジキープできない・・・」って人は、リフトアンドフォールでアジを狙ってみましょう。

カウントダウンダウンで任意のレンジまで沈め、ロッドを上にチョンと煽り、その後テンションフォールさせます。そのまま潮の流れに乗せながら元のレンジまで沈め(状況にもよりますが3〜5秒ほど沈めるのが無難)、後はこれを繰り返すだけ。

 

ジグヘッドの重さによりフォールスピードが変わるのでウエイト調整をシビアに行うのと、フォールさせる時間を見誤ればどんどんどんどんボトムへ向けてレンジが下がっていくことになるので、その辺りを意識しつつ安定したレンジキープを目指して下さい。

メモ

ただ巻きでのレンジキープは思っている以上に難しい

ボトム付近では底に当たるか当たらないかを意識しよう

ボトムギリギリを攻める

ボトムでのレンジキープは表層、中層でのレンジキープに比べれば難易度が低いです。ボトムにある石や海藻にワームが当たればロッドにその情報が伝わってきますので、【底にある何かしらのストラクチャーに当たるか当たらないか】ぐらいの位置を引いてくるだけでオッケーです。

まずはボトム付近をレンジキープさせる練習から始め、徐々に表層、中層と切り替えていくとスキルアップが早くなるとは思いますので参考までに。

メモ

ボトムでのレンジキープは意外と簡単

水の抵抗を感じることも大事

手元に伝わる水の抵抗を知ることで、ある程度のレンジが把握できる

少し慣れが必要にはなりますが、狙うレンジが上になるほど手元に感じる水の抵抗が軽くなり、深くなるほど抵抗が重くなりますので、この差を利用し「大体のレンジ」を把握することもできます。

例えば、徐々に抵抗が大きくなってくるようであれば「ワームが下のレンジにズレている」ことになるのでリトリーブスピードを速くする、反対に抵抗が少なくなってくるようであれば「上のレンジにズレている」と考え、リトリーブスピードを遅くする・・・こんな感じですね。

 

あくまで目安程度ではありますが、このように手元に伝わってくる「水の抵抗」からヒントを得ることもレンジキープを上手くこなす一つの方法だということを頭の片隅にでも置いておきましょう。

メモ

感度の良いロッドを使い、水の抵抗を肌で感じよう

潮噛みの良いジグヘッドを選ぶ

ジグヘッドによってレンジキープのやりやすさが変わるよ

アジング用に発売されているジグヘッドは沢山ありますが、その中でも「レンジキープがやりやすいジグヘッドがある」ということは経験上紛れもない事実なので、自分に合った【潮噛みがよくレンジをキープしやすいジグヘッド】を見つけちゃいましょう。

ツリイコ編集部では、34の「ストリームヘッド」を使用している人が多く、個人的にもレンジキープがやりやすいジグヘッドとして多用しているジグヘッドでもあるので、ぜひ参考までに。

以上(言葉にするのが難しすぎて「何を伝えたいのか」をしっかり伝えられたかどうかは分かりませんが・・・)、【アジングでレンジキープするときのコツ】のまとめでした。

スポンサーリンク

関連する記事