アジングやメバリングで使うリールはローギアかハイギア、どっちがいいの?

アジングやメバリングをやる上で「使用するリール」の選択はとても大事な要素になります。メーカーであったり番手であったり、迷うべき箇所は沢山あるでしょうが、アジングやメバリングのような繊細さが要求される釣りでは、「ギア」についても注目して下さい。

リールの「ギア」とは、簡単にいうと【ハンドルを回したときにスプールを回す役割】を持っており、リールによってどれだけスプールを回転させるかが違っており、大きく分けるとローギアモデルとハイギアモデルに分かれます。

 

ローギアであれば【ハンドル1回転のスプール回転数が少なく】なり、反対にハイギアであれば【ハンドル1回転のスプール回転数が多く】なります。

要するに、ローギアのリールであればルアーをゆっくり動かすことに向いており、ハイギアであればジャカジャカとルアーに派手な演出をさせることに向いています。

アジングでは(どちらかと言うと)ローギアがオススメ

IMG_0220

というより、正確には【ハイギアではないリールを選ぶべき】と言えます。要するに普通のリールを買っておけば間違いないので、1000〜2000番クラスの(ノーマルな)リールを選んで下さい。(ローギアのラインナップがあるリールは少ないので、ノーマルギア比のリールが最適です)

アジングやメバリングなどのライトゲームは、素早く激しく動かす釣りというよりは、「ゆっくり」楽しむ釣り・・・というのが基本的となる釣りなので、「スローリトリーブ」ことがメインとなる場面が多いんですよ。要するに、ゆっくり巻くことが多く、より緩やかに巻くことができる「ノーマルギア(またはローギア)」が適している・・・ということになりますね。

 

場合によっては2秒に1回転とか、他のルアーフィッシングではなかなか体験できないようなデッドリトリーブで釣りを展開していくことになるので、巻取り幅の多いハイギアモデルは向いていないんじゃないかな?というのが本音です。

結論を言うと、1000〜2000クラスのリールで、できればシャロースプール(スプールの溝が浅いモデル)を選び、ハンドル一回転辺りの巻取り幅が65〜75程度のものがベストです。

シマノ(SHIMANO)
¥20,212 (2018/08/22 05:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

予算が許すのであれば、ストラディックci4 C2000sクラスのリールが最適ですね。ちなみに、個人的にはDAIWA セオリー2004を使っていますので参考までに。

ダイワ(DAIWA)
¥20,698 (2018/08/22 05:14:28時点 Amazon調べ-詳細)

ジグやプラグがメインの場合はハイギアが良いことも

アジングやメバリング「ローギア(ノーマルギア)が良いんじゃないかな?」とは言いましたが、ジグやプラグをガンガン動かす釣りを展開するのであれば、ローギアでは巻取り幅が少なく、力不足に感じることが多々あります。

例えば日中でリアクションバイトを狙った釣りをする場合など、激しいアクションを強いられる状況下で釣りをする場合、ローギアではなく通常タイプ以上のハイギアモデルを選んだほうが良いですね。

 

ローギアやノーマルギアでは、どうしても巻取り幅が少ない分、アクションと巻き幅が合わなくなったり、多く巻くことによる疲労感が溜まりますからね、釣り方によってハイギアとノーマルギアを使い分ける・・・これが一番です。

そんな感じで、釣りを楽しむ状況に合わせて、戦略を練ってみて下さいね。

まとめ

ツリイコくん

アジングやメバリングなど、どちらかと言うと「スロー」な釣りの場合、ハイギアよりはローギアタイプのリールを選ぶほうが使い勝手は間違いなく良いよ!

ただ、メタルジグなど激しめのアクションが必要な場合はこの限りではないから、その辺りを自分の釣りスタイルを見極めて判断してみてね!

スポンサーリンク

関連する記事