【アジング】アジが釣れる場所(ポイント)を探すときに知っておきたい6つの知識

今回は、アジングを楽しむために欠かせない【アジが釣れる場所(ポイント)を探す】ときのお話。アジングに限らず釣りは場所選びを外すと上手くいかないことのほうが多いので、ぜひ参考にして頂きアジ釣りポイントを探して頂ければと思います。

アジが沢山いる場所を探し出そう

潮通しや潮当たりの良い場所

潮通し

潮通しの良い場所や潮当たりの良い場所は、アジのエサとなるプランクトンや小魚が溜まりやすいため、アジングを楽しむときはまず「少しでも潮の流れがあるところ」を選ぶようにして下さい。

潮が全く動かないような、奥まった場所であっても「釣れないことはありません」が、非常に非効率的であることは否めませんからね。潮の動いていない場所と動いている場所では、圧倒的に「潮が動いている場所」のほうが良い結果を残すことができます。

 

沖に面したテトラ帯であったり、外洋に近い漁港、堤防であったり、探せば潮通しの良いポイントは沢山あるはずですし、そのような場所はアジングの一級ポイントとして名が知られていることが多いため、比較的簡単に見つかるとは思いますよ。

メモ

アジは潮通しの良い場所に回遊してきたり、溜まっている傾向にある

常夜灯のある堤防や漁港

明かりのある場所へ釣行しよう

夜になるとアジは常夜灯周りに集まる習性があります。これは、明かりに餌となるプランクトンや小魚が集まり、それを食べにアジも集まってくるというメカニズムがあり、つまり【常夜灯周りにはアジがいる可能性が高い】ということですね。

常夜灯も何もない真っ暗な場所よりも、常夜灯がある場所のほうがアジの居場所を特定でき、効率的に探っていくことができるので、特にアジングを始めたばかりの初心者アングラーは、常夜灯周りから攻めてみてはどうでしょうか?

ミオ筋はアジの回遊ルートに

海底が掘られている場所はアジの回遊ルートになりやすい

大きな漁港や大型船が停泊するような場所では海底を人工的に掘ってある場所があり、このような場所を「ミオ筋(船道)」と呼びます。魚は海の中の変化がある場所を好む傾向にあるため、ミオ筋は魚にとっての「通り道」となっていることが多いのです。

ルアーをボトムまで沈めているときに、急に深くなっている場所があるのなら、そこは「ミオ筋」となっている可能性が高く、アジが回遊してくる可能性が非常に高くなります。そのため、そのような場所を見つけたときは重点的に狙うようにしたほうが良いですね。

 

大型船が停泊しているような場所であったり、船の出入りが多い場所は高確率でミオ筋がある可能性が高いので、「大型船」「船が多い」これをキーワードにアジングを楽しむ場所を探してみてはどうでしょうか?

メモ

ミオ筋とは、船が通れるように海底を掘ってある場所

漁船の下も好ポイント

漁船の下

漁船が多く停泊しているような漁港も、アジングの一級ポイントとなります。漁港の下にはロープが張ってあったり、何かしらの障害物が沈められていることが多いため、そのようなストラクチャーにアジが居着いていることが多いです。

漁船と漁船の間にルアーを投げ込み、ゆっくり攻めることでアジをコンスタントに釣り上げることができるので、ぜひやってみて下さい。

 

ただし、漁船が多く止まっている漁港は漁師さんの仕事を邪魔しないように釣りを楽しむのが鉄則ですし、港内のみ「釣り禁止」とされていることもあるので、その辺りを注意した上でアジングを楽しむようにして下さいね。

メモ

漁船の下には沢山のアジが潜んでいる

ブレイクラインも回遊ルートに

急に深くなっている場所を探そう

海の中で急に深くなっているような場所を「ブレイク」もしくは「かけあがり」と呼びます。ブレイクはアジが回遊してくるルートとなりやすいため、ブレイクが多く存在するような場所へ釣行することも、アジングで釣果を伸ばすための大事な要素となります。

特に、落ち込むように急激に深くなっている場所は有望で、非常に多くのアジが回遊してくる可能性が高いです。所謂【急深ポイント】というやつですね。

 

ブレイクラインの探し方については別記事で詳しくお話していますので、そちらを参考にどうぞ。

サビキ釣りで釣果がでている場所

サビキで釣果がある場所は必ずアジがいるよ

アジングを始めたばかりで「アジの居場所が全く分からない・・・」そんな人は、サビキ釣りでアジの釣果がでている場所へ釣行してみましょう。サビキでアジが釣れているのですからね、ルアーで釣れる釣れないという話はさておき、アジがいることは確実ですから。

実際に釣り場へ足を運びサビキ釣り師が多い場所をチェックしておいたり、インターネットや釣具店で釣果情報を確認したり、サビキでの釣果を知る術は沢山あるはずです。

 

コマセ付きのアジをルアーで釣るのは少し難易度が高いですが、「アジがいるのかいないのかハッキリしない場所」でアジングを楽しむよりは期待値が高いですし、精神的にも楽だとは思うので、サビキでの釣果を目安にアジングを楽しんじゃいましょう!

メモ

少なくてもアジがいることだけは分かる

以上、アジングを楽しむときの場所選びについてのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事