アコウ(キジハタ)が釣れる時期(シーズン)と時間帯について

このページでは、釣って楽しい、食べて美味しい、(太平洋側では)すっごいレアな魚である、【キジハタ(アコウ)】を狙うことができる時期や時間帯についてお話していきます。

アコウは釣れる時期と釣れない時期の差が非常に大きな魚なので、ぜひ参考にして頂き、釣行予定を立てて頂ければと思います。

時期を外すと釣れないよ

アコウ(キジハタ)を狙うべきベストシーズン

極端な話をすると、アコウは【一年中狙える魚】なのですが、岸から狙う所謂「陸っぱり」でアコウを狙う場合、浅瀬に接岸してくる時期を狙う必要があります。

具体的に言うと、産卵のため岸よりへ接岸してくる「初夏〜秋」がベストシーズンとなり、僕がアコウ釣りのメインフィールドとしている福井県を例に挙げると、梅雨頃からポツポツ釣果が出始め、秋が深まると同時に釣れなくなる(変わりにカサゴがめっちゃ釣れる)感じです。

 

なので、「とにかくアコウが釣りたいんや!」って人は、6月〜9月までの「夏」の時期を目安に釣行することで良い結果を得られることが多くなると思うので、ぜひ釣行してみて下さい。

ほんと、太陽がガンガン照りつけ、気温が30度を超えるような時期になると、水深1m以下の場所でもガンガン釣れますからね、上手くいけば2桁釣果も夢じゃないはず。

時期によってポイント(フィールド)を変える

IMG_4417

キジハタは初夏〜秋にかけては浅瀬に接岸してきますが、それ以外の時期は深場に落ちているケースが多いです。そのため、時期によって狙うポイントを選定することが釣果を伸ばすためのキーポイントとなるため、色々考慮し、釣行場所を決めてみて下さい。

例えば、アコウが浅場に溜まってる可能性が高い5月〜9月は水深3m以下の場所を重点的に狙う。

 

一方、秋が深まり水温が低下し始める9月以降は、大型船が行き来するような「水深が比較的深い場所」を狙うのがオススメです。

浅場と深場、両者共に釣行ポイントを抑えておくといろいろ捗りますので、まずはアコウの実績が高いポイントを探し、マイポイントを作り上げちゃいましょう。

狙うべき時間帯

time-371226_960_720

アコウは夜行性の魚ですので、基本的には「夜」狙うほうが釣りやすい魚です。エサ釣りでもルアー釣りでも、とにかく釣果を伸ばしたいんや!ってときは、ナイトゲームを楽しんで下さい。

でもね、実はキジハタって魚、夜行性なのにも関わらず昼でも釣れちゃう。昼は岩の隙間やテトラの隙間にひっそりと潜んでいますので、とにかく「アコウが潜んでいる場所」にピンポイントで仕掛けを落としてやることで・・・ガツン!とHITします。

 

僕がアコウゲームを楽しむのは大抵がデイゲームですが、ハイシーズンであればボウズを食らうことはほぼほぼありませんし、条件がバッチシ決まれば10匹以上の釣果を叩き出すこともあります。

結論としては、アコウゲームは5月〜10月頃までがハイシーズンであり、夜のほうが釣りやすいが昼でも余裕で釣れる釣りってことで。

スポンサーリンク

関連する記事