アジ、メバル、ガシラ、ライトゲーム御三家ゲット!リグデザイン「リブリブ」プロトカラーで実釣テストやってきた!

どうも、リグデザイン、フィールドテスターの山口です。今回は、大好評頂いているリグデザイン「リブリブ」の新カラープロトが完成したため、実釣テストを行うため、南大阪にあるとあるポイントで竿を振ってきたレポートをまとめていきたいと思います。

ちなみにリブリブのニューカラーですが、↑上から(名前はまだ決まっていません)「ゴールド点発光(赤ラメ+グリーンドット)」「クリアコア(オレンジコア+青ラメ)」「ブラック」、この3種類です。

LIGデザイン
¥540 (2018/12/18 12:38:12時点 Amazon調べ-詳細)

開始早々、ボトム付近でアジがヒット!

最近、水温が下がってきたこともあり、(前に比べると)アジの活性が低く、釣れる数も徐々に徐々に少なくなっている気がしますが、開始早々、ボトムをネチネチ攻めていると、カツ!という明確なアタリが!バシッと合わせを入れ、上がってきたのは豆アジでした。カラーはリブリブプロトである「ゴールド点発光」です。やはり、点発光はアジに効きますね。

その後も同じ攻め方でやるとアタリが連発し、ポロポロとアジが釣れるも、豆アジだらけなので攻め方を変えてみることに。ちなみに、点発光には好反応を示しましたが、クリアラメ、ブラックには反応が悪かったです。

テトラ際を攻めると、メバル、ガシラと連続ヒット!

続いて、ワームカラーを「クリアコアラメ」にチェンジし、メバルかガシラでも釣れないかなー・・・と、テトラ際ギリギリを、根掛かりしないよう慎重に攻めてみることに。すると、開始早々いきなりアタリが・・・しかし乗らない。

1gのジグヘッドを使っていましたが、少しでもフッキング率を高められれば・・・と、0.8gにウエイトダウン。テトラ際ギリギリにキャストし、漂わすようにジワーっとスライドさせてくると・・・カツ・・・と細かいアタリがあり、ガッツリ合わせるとグググっと絞り込むようなアタリ!テトラに入られないようゴリゴリと巻き上げ、上がってきたのは

サイズは小さいですが、狙い通りのメバルです。その後同じように攻めていると・・・

こちらもサイズは小さいですが、狙い通りのガシラです。これで、ライトゲーム御三家であるアジ、メバル、ガシラの3種類が釣れたので、とりあえずリブリブ、プロトカラーでも問題なくライトゲームを楽しめることだけは分かり、一安心です。

黒ワームでメバル爆釣!ボトムを攻めるとガシラも連発!

さて、今回個人的に一番試したかったカラーである「ブラック」ですが、この時点で1匹の魚も釣れていません。リブリブ、ブラックは光を通さないソリッドボディなため、水中でのシルエットが非常にハッキリし、状況によっては好釣果を生んでくれるはずなのですが・・・

少し不安を抱えながら、1gのジグヘッドにブラックリブリブを装着し、表層付近から攻めてみることに。すると、先程までの不安を吹き飛ばしてくれるが如く、一投目から強烈なアタリ!ガッツリ合わせを入れるも、一気に走られ、手前のテトラに擦れてラインブレイク・・・恐らく、メバルではなく大きめのシーバスですね。

 

気を取り直して釣り再開すると、またも一投目からアタリがあり、見事フッキング!バラさないよう、慎重にランディングし、上がってきたのは・・・

20ないくらいのメバルでした。その後も同じやり方でコンスタントにメバルが釣れ、ボトムを探るとガシラが連発!という、控えめに言って爆釣モードに突入しました。もちろん、ブラック以外のカラーも投入し、もちろん釣果を得ることができましたが、やはりブラックに対し物凄い好反応を見せたことは確かです。黒リブリブを投入すると、目に見えて反応が良くなりましたからね、今後も検証し、黒色のワームがメバルにどう効果的なのか?を調べていこうと思います。

粘ればもっと釣れたでしょうが、寒くなってきたのでこの時点で納竿とすることに。沢山釣れて、満足となるテスト釣行でした!リグデザイン「リブリブ」、作った自分が言うのもなんですが、物凄く釣れるワームですので、機会があればぜひご活用下さい(現在のところ、WEB限定販売です)

LIGデザイン
¥540 (2018/12/18 12:38:12時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

関連する記事