オフシーズン?寒い1月にルアーで釣れる魚をまとめてみる

一年の中で最も寒くなり、海水温も劇的に冷たくなる「1月」ともなると、寒さを嫌う魚たちは水温が安定する深場へ落ちたり、寒さで活性が低くなりルアーへの反応が極端に悪くなったり。つまり、釣りの「オフシーズン」となる訳です。

でも、僕を含めた熱狂的な釣りファンからすると、「どれだけ寒くても釣りへ行きたい・・・」という欲求がフツフツと湧き出てきて、居ても立ってもいられないですよね、ほんとに。

 

そこで今回は、一般的にオフシーズンとされる「1月」に、ルアー(もちろんエサでも)狙える魚をまとめていきたいと思うので、ぜひ狙ってみて下さい。

寒いなんて言ってらんねーよ

1月に釣れる魚まとめ

1月に狙って釣れる魚をまとめておくね

  • ガシラ(カサゴ)
  • タケノコメバル(ソイ類)
  • メバル
  • 小さいシーバス
  • チヌ

あくまで僕基準(僕が冬に狙ってる魚)だけど、1月に釣れる魚をまとめてみました。では、1魚種ずつ簡潔に見ていきましょう。

ガシラ(カサゴ)

ガシラ

ベストオブウィンターフィッシュです。多くの魚が1月の厳寒期はオフシーズンとなる中、ガシラだけは「え、冬がハイシーズンだけど何か?」ぐらいのノリで釣れてくれるので、【とにかく何か魚が釣りたい・・・】ってときは、迷わずこの子を狙っちゃいましょう。

ルアーへの反応も良いですし、エサ釣りでもバコバコ釣れます。

ガシラ(カサゴ)をルアーで釣る方法

タケノコメバル(ソイ類)

タケノコメバル

僕が住んでる大阪では「タケノコメバル(ベッコウゾイ)」がメインですが、ムラソイやクロソイの魚影が濃い地域にお住まいの方は、その辺りも狙って釣ることができます。

とにかく「ソイ類」は寒い1月でも良い反応を見せてくれますし、何より引き味も楽しいし、食べても美味しい、最高のターゲットです。ぜひ狙ってみてね。

タケノコメバルをルアーで釣る方法

メバル

メバル君

1月はメバルの産卵期と被ることもあり、「食いが渋る」感が否めないのですが、それでも十分好ターゲットと成りゆる魚です。多いときは一晩で20匹以上釣れることもあるから、寒い冬にこそ狙ってもらいたい魚です。

最近はルアーやワームでメバルを狙う「メバリング」が人気なので、この機会に始めてみるのもありかもしれませんよ。ツリイコではメバリング関連の記事を沢山公開しているので、ぜひそちらも参考までに。

メバリングの全てが分かるページ

小さいシーバス

シーバス

1月は、大きなシーバスは産卵のため深場へ落ちていますが、産卵に関係ない小さな個体は浅瀬に残っているので、案外簡単に釣ることができます。溜まってる場所さえ見つければ「毎投アタリがある・・・」ってこともあるので、ぜひ狙ってみて下さい。

シーバス用ルアーで狙うこともできますが、メバリング用の小さなワームのほうが釣果が伸びる傾向にあるので、「メバリング+シーバス」ゲームとして楽しむのがベスト。

冬にシーバスを釣る方法

チヌ

チヌ
ぶっちゃけ厳しい戦いになるけど、1月でもチヌは釣れます。低水温の状況下ではチヌの活性が凄く低くなっているので、いつもよりスローペースで誘いをかけるのが釣果を伸ばすコツ。

僕の場合、2〜3g程度のジグヘッドに小さめのワームをつけ、ズルズルとボトムを引くテクニックを用いることが多いので、参考までに。

チニングの記事を探す

1月はとにかく防寒対策を

以上が1月に狙って釣ることができる魚たちですが、圧倒的に気温が低くなる1月は、釣り物より釣果より何より、「防寒対策」に気を使って下さい。「寒くて10分で退散・・・」ってことがよくありますからね、釣りを最大限楽しむために防寒は必須です。

釣りで風引いて仕事を休もうもんなら、上司に怒られ、嫁に怒られ、同僚には白い目で見られる。いい事が一つもありませんからね、ご注意を。

 

以上、1月に釣れる魚のまとめでした。

スポンサーリンク

関連する記事